婚活を成功させるには収入を男性に依存する気持ちではいけない

女性は婚活をするときにどうしても年収というを重視しますよね。ただ、年収を重視しすぎると結婚できない可能性もあります。それは多くの女性の求める年収は高めです。年々希望の年収は下がってきていますが、そもそも男性の年収を重視するってことは、その女性は結婚後主婦になるか?

 

男性の収入に依存するということを考えているのではないでしょうか?ただ、現実的には共働き世帯が多く、50歳未満で年収500万円以上稼いでいる人は5%未満という結果になっています。つまり、現実的に結婚を望むのであれば、年収は300万円台くらいまで下げないといけないでしょう。300万円じゃ生活がきついという意見もあるでしょうが、それは共働き世帯が多くなっていることともリンクしています。

 

共働き世帯が増加しているということは、それだけ男性の収入が下がってきているということもあれば、それを受け入れて結婚している女性が多いということも意味しています。したがって、今後結婚を本気で望むのであれば、年収については、それだけ妥協をしないといけない部分もあります。そして、収入によっては贅沢な生活が出来ないか?共働きをすることになるか?どちらかを受け入れないと思います。

 

年収については、そもそも希望を持たないほうが良いかもしれません。共働き世帯が主流に今後なる可能性もあるので、男性に収入を依存する気ではなく、自分がむしろ家庭を引っ張っていくくらいの気持ちがないとダメではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>