男女間における婚活の捉え方の違い

当然ですが、婚活は結婚するための行為です。
昔でいうところの、お見合いのような物です。
ですから、多くの女性は、婚活パーティーの場で出会った男性に対して、年収や勤務先などを尋ねたりします。
結婚を目的としているわけですから、その質問はある意味当然ともいえます。
しかし、多くの男性はそのような質問を嫌がります。
なぜなら、男性は婚活を「合コン」と同じような物と捉えていることが多々あるからです。
なぜかというと、最大の理由は「結婚したいと思っている男性が減った」ということが挙げられます。
まず、近年は収入の低い男性が増えていますが、そういう男性は結婚自体を諦めがちです。
女性からのニーズも少ないので、そもそも結婚できる確率が低いからです。
では、それなりに収入のある男性はどうかというと、こちらも積極的に結婚したいと思っている人はあまり多くありません。
昔ならば、周囲からの圧力もあって、ある程度の年齢になったら結婚するのが当たり前でしたが、昨今はそういう風潮が薄れているので、焦って結婚する必要がなくなりました。
ですから、婚活パーティーなどには行くものの、あくまで合コンと同じような感覚で参加しているので、 年収や勤務先を尋ねられると「失礼だ」と感じてしまうというわけです。
このように、男女で婚活の捉え方(結婚目的か恋愛目的か)にはかなりの差があります。
婚活をする際は、このことを頭に入れたうえで行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>