睡眠の質を高める方法まとめ!あなたの睡眠は大丈夫?【睡眠不足のリスク】

睡眠の質を改善する方法まとめ 睡眠について

寝付きが悪く眠れない・・・

睡眠不足で頭も体もぼーっとして疲れが抜けない・・・

ぐっすり寝て元気に働きたい!遊びたい!

この記事ではこんな悩みをお持ちの方に睡眠に質を高める方法や環境づくり、知識などをまとめています。

睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業マンのしーさん(@lipton0507)が解説しています。

 

僕自身、昔は寝付きが悪くベッドに入っても1時間~2時間眠れないことも多くありました。

ただ睡眠の質を改善する方法をひとつずつ試していくことで少しずつ改善していき、今ではすんなりと眠りに入ることが出来るようになりました。

正直、人それぞれ改善していく方法も合う合わないがあります。

合う部分は取り入れていって合わないものはやめても大丈夫です。

少しずつ改善していってより良い睡眠をとって充実した毎日にしましょう。

 

スポンサーリンク

睡眠の質について

疑問に思う女性

そもそも睡眠の質って何だろう?って思いますよね。

少し前に「睡眠負債」という言葉が話題になりましたが、睡眠が満足に取れていなかったり夜中に何度も目が覚めるなど睡眠の質が低い場合、様々な影響やリスクがあります。

日頃のパフォーマンスにも影響しますので、まずはどんな影響やリスクがあるのか気になる人は下の睡眠不足の影響や症状は?の記事をご覧ください。

 

 

睡眠の質を高めていく方法

問題と解決

さて本題の睡眠の質を改善していく方法ですが、これ!といったひとつの方法ではなく様々な方法があります。

就寝時の環境作りや就寝前の飲み物、今お使いの寝具の見直しなどいろんな方法があります。

いきなり全てを実践するのは難しいですが、今日から出来ることもありますので少しずつでも実践していってみてください。

下記に参考記事がありますので是非読んで取り組んでみてください。

睡眠の質を高める方法や環境作りについては睡眠の質を高める3つの方法と寝室の環境作りという記事で解説しています。

 

 

寝る前にできる睡眠の質を高める方法については下の睡眠の質を高める飲み物3つと飲むタイミングという記事を参考にしてみてください。

 

 

自分の睡眠タイプについて

昼寝している女性

よく朝型人間や夜型人間なんて言ったりしますよね?

それにショートスリーパーやロングスリーパーなんて言葉も聞いたことがあるかと思います。

 

自分の睡眠タイプを判断することによって自分に合った睡眠リズムを見つけることができます。

自分の睡眠タイプってどれだろう?と興味がある人は記事から自分の睡眠タイプを探してみては如何でしょうか?

 

ショートスリーパーやロングスリーパーの特徴と判別法の記事ではショートスリーパーやロングスリーパーなどの睡眠時間に注目した内容の記事です。

 

 

「朝型」「夜型」の診断方法と特徴は?という記事では自分が朝型なのか夜型なのか判別することができます。

自分のタイプを知っておくと作業が捗る時間帯を把握することもできますよ。

 

睡眠の質を高めるためには寝具も大切

寝ているカップル

睡眠の質を高めていくためには、寝具選びも大切です。

この項目では寝具について解説して記事のジャンルごとのまとめ記事へのリンクを貼っておきますので興味のある寝具を読んでみてください。

 

快適に眠るためにもかかせないのが掛け布団。

寝る時に寒いと快適に眠れるとは言いにくいですよね。

そんな掛け布団のなかでも羽毛布団については羽毛布団の選び方のまとめを参考にしてください。

冬用の掛け布団のなかでも羽毛布団は1番おすすめの寝具です。

 

 

最近多く使われている夏用の羽毛肌掛け布団のダウンケットについてはダウンケットまとめという記事で解説しています。

使う時期や洗い方、カバーの必要性から値段の違いまで解説していますので参考になるかと。

 

 

掛け布団は温度調節によって快適に眠りにつくための寝具ですが、敷き布団やマットレスは寝ている時の寝姿勢をサポートするので非常に重要な寝具です。

マットレスについてはマットレスのおすすめの使い方のまとめという記事で解説していますので参考にしてみてください。

マットレスと一緒に使うベッドパッドや敷きパッドについても解説していますので、あわせてご覧ください。

 

 

睡眠の質を高めるためにも外せないのが枕です。

枕については今は1記事しかありませんが、僕が使っているオーダーメイド枕のレビュー記事になりますので、枕のオーダーメイドってどんなものかと興味がある人はじぶんまくらを3年使った正直な感想の記事を参考にしてください。

初期費用はかかりますがメンテナンスが無料なので、控えめに言ってもおすすめですよ。

 

 

睡眠の質を高める方法についてのまとめ

チェックリスト

自分自身が寝つきが悪く、ベッドに入って2時間ぐらい寝れず夜中3時や4時まで眠れないといったことも過去は多くありました。

このような状況が続くと朝起きても頭がぼーっとして働かなかったり、学校に遅刻といった事も正直ありました。

 

やっぱり寝不足が続いたり睡眠の質が悪いと翌日のパフォーマンスにも大きく影響しますし、約束の時間が守れないといったことにもなりかねません。

僕も記事に書いてある内容を少しずつ実践していってかなり改善され今では普通の人と変わらずに眠れるようになりました。

 

ここでは知識や環境などの方法論を中心にお話をしましたが、寝具も非常に大事です。

自分にあった寝具選びも大切なので、できるだけ寝具は節約しない方がいいですよ。

安い寝具は値段なりの機能しかありませんので。

多少高いと思っても毎日使うものですから、しっかりとしたものを買って使う方が満足度は高いですよ。

少し営業っぽくなってしまいましたけど、これは本当です。

 

しっかりと自分の睡眠のパターンを見極めて、自分にあった寝具を選んでより良い睡眠をとって毎日楽しく過ごしましょう。

 

睡眠について
スポンサーリンク
しーさんをフォローする
スポンサーリンク
サボログ

コメント