【2020年】中国製でも安くて洗えるダウンケットのおすすめ!【値段の差が少ないので微妙】

肌掛け(ダウンケット)
少しでも安くてコスパのいいダウンケットが欲しいけど、いろいろあって選べない・・・
日本製のダウンケットは高くて買えないけど、ダウンケットを使ってみたい!
ダウンケットのチクチクした感じが苦手なんだけど、改善できないかな?

 

この記事ではこんなお悩みにお答えしていきます。

 

睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業のしーさん(@lipton0507)がおすすめの安くて洗えるダウンケットを紹介します。

 

個人的には日本製のダウンケットをおすすめしているのですが、少しでも安くダウンケットを買ってみたいと思う人もいるので中国製のダウンケットのなかでおすすめできるものを紹介します。

 

あと安い中国製のダウンケットを使っている人に多い悩みですが、ダウンケットのチクチクした感じが苦手っていう人向けに改善方法も簡単に解説しています。

 

ちなみにダウンケットって値段が違うと何が変わるのかって気になる人は先に下の記事を読んでおくとわかりやすいので是非読んでみてください。

 

 

スポンサーリンク

コスパのいいものが欲しい人向けの西川のダウンケット

中国製のダウンケットですが、この西川のmeeのダウンケットはコスパがいいですよ。

理由は下でまとめました。

 

西川のmeeがおすすめな3つの理由
  • 家庭で洗える
  • 綿混生地で汗を吸ってくれる
  • ダウン率が70%で羽毛のチクチク感がマシ
ココがおすすめ!
しーさんのおすすめアイコン

 

中国製でのダウンケットのなかではある程度の品質をキープしています。

中国製でもこのぐらいの価格帯がおすすめできる最後のラインかなと思います。

 

次でさらに安い価格のものも一応紹介はしますが、正直おすすめはしません。

 

この西川のmeeだと側生地のマス目が5×6マスの30マスと細かく縫われているので、体にフィットしやすくあたたかさが逃げにくいのはプラスポイントです。

生地も安いダウンケットだとポリエステル100%のものも多くてムレやすかったりするのですが、この西川のmeeだと多少なりとも綿が入っているので汗を吸ってくれます。

汗を吸ってくれないお布団って不快ですからね。

それに柄が入っているので汚れや汗ジミが目立たないのもいいですよ。

 

羽毛については西川の品質基準は非常に厳しく羽毛の洗浄度は基準の2倍なので臭いの発生する確率が中国製であっても下げられています。

 

ダウンケットの場合、ダウン率が50%のものがメインになってくるのですが、ダウン率が50%だと結構ダウンの羽軸の部分がチクチクとしてくるので気になる人は気になります。

 

その点、このダウンケットはダウン率が70%あるのでチクチクすることが少ないのでおすすめですしコスパいいですよ!

 

 

とにかく安いものが欲しい人向けの昭和西川のダウンケット

もっと安くダウンケットが欲しいという人もいるかと思います。

先ほどのダウンケットよりもさらに安いダウンケットがコチラになります。

 

正直、値段で選んでいますが値段はもっと安いものもあります。

その中でなぜこのお布団をおすすめしたのか解説します。

まずはおすすめポイントをまとめます。

 

昭和西川のダウンケットがおすすめな3つの理由
  • 家庭で洗える
  • 値段が安い
  • 昭和西川製+タナカふとんが販売
ココがおすすめ!
しーさんのおすすめアイコン

 

ただ先ほどのダウンケットと比較した場合、ダウン率が50%ということで保温性が悪くなりチクチクとした感じはより感じられるかと思います。

側生地の素材やマス目については先ほどのダウンケットと違い生地はポリエステル100%とランクは落ちてしまいますが、マス目は6×7マスとより細かくなっているのでフィット性は上がっています。

 

このマス目の数って販売されているダウンケットのほとんどは5×6マスの合計30マスのものが多いなか昭和西川のダウンケットはより体に寄り添うように細かく縫製されています。

このあたりはさすがに寝具業界大手だなと思います。

 

ただやっぱり羽毛のダウン率が50%というのは個人的にはおすすめしませんし、70%以上のものをおすすめします。

 

その中でもこのダウンケットは製造メーカーが昭和西川であることと販売するのが日本最大手の寝具専門店のタナカふとんというところが最低限のお布団の品質を担保してくれるからギリギリおすすめできるかなといった感じです。。

 

 

ダウンケットのチクチクした感じを改善する方法

閃きのイメージ

ダウン率の低いダウンケットを使っている場合や買った場合に羽毛のチクチクした感じが気になるという人も多いと思います。

気になって寝にくいので使うのをやめる人もいますが、カバーで改善できるかもしれません。

 

ダウンケットは洗えるので羽毛布団と違いカバーをかけずにそのまま使っている人も多くいます。

カバーを使うことで汚れ防止だけではなく、ダウンケットの肌触りも改善できます

おすすめは綿素材のカバーでしっかりとしているものが多いのでチクチク感はそこまで気にならなくなりますし、ダウンケットの場合だと夏場の使用がメインになってきますので吸湿性の高い綿素材が相性がいいですね。

 

ダウンケットのカバーについてはダウンケットにカバーって必要?【あればワンランク上の寝心地】という記事で解説していますので参考にしてみてください。

 

 

安くて洗えるダウンケットについてまとめ

まとめポイント

中国製の安くて洗えるダウンケットについて紹介しましたが、基本的には日本製のダウンケットがおすすめです。

日本製をおすすめする根拠は最終検品が日本であるということです。

 

中国製のダウンケットのトラブルで多いのが臭いのクレームが一番多いのですが、中国人と日本人の臭いについての感覚は違いますし、コンテナで中国から運ばれてくる過程で臭いが発生する可能性もあります。

その点、日本で作られているダウンケットだと作っている段階で臭いに気づきますので未然に防げる可能性が高いです。

 

中国製のダウンケットで臭いがある場合、返品できればいいのですが、できない場合は最悪ですよね。

そういったリスクも考えて僕は日本製のダウンケットをおすすめします。

 

日本製のダウンケットのおすすめについては【2020年版】通販で買える日本製の洗えるダウンケットのおすすめ3選!【コスパ重視です】という記事で解説していますので参考にしてください。

 

 

2020年は中国製と日本製の値段の差が少ないので日本製の方がコスパいいです。

 

ダウンケットについては選び方や使い方、ワンランク上のダウンケットの紹介やカバーについては下の記事でまとめていますので、あわせてご覧ください。

ダウンケットまとめ【使う時期や選び方は?おすすめまで紹介!】
ダウンケットについて気になる疑問や選び方についてまとめました。 値段の違いや選び方、使い方やおすすめのダウンケットについてもまとめてありますので参考にしてください。
肌掛け(ダウンケット)
スポンサーリンク
しーさんをフォローする
スポンサーリンク
プロフィール
このブログを書いた人
しーさん

30代の寝具業界の営業マン。
睡眠環境・寝具指導士の資格あり。
寝具に疑問や不満を感じている人の手助けができればいいなと思いブログを立ち上げ情報を発信中。

しーさんをフォローする
サボログ

コメント