【体験談】営業の向き不向きについて【向いてないと言われてもOK】

営業職の向き不向きについて 仕事

「そもそも営業職ってどんな感じなんだろう?」

「ノルマがあってきつそう・・・」

「土日もお客さんから連絡がきて休めなかったりするの?」

こんな疑問を持っている就活生やこれから営業職につく人や転職を考えている人に向けて、営業職はこんな感じだよってお話をしていきます。

法人営業8年目のサラリーマンのしーさんです。

僕自身早いもので営業になって8年が経ち営業成績もトップを取ったこともありますし、成績もほぼ上位にいますのでそれなりに営業についてお話できるかと。

それでも勉強の毎日ですけどね。

8年間営業職をやってみて向き不向きや良かったことや嫌なことについてお話していきますので、これからの就職活動の参考にしてみてください。

ちなみに仕事をする上でのノウハウが知りたい人は下の記事からご覧ください。

スポンサーリンク

営業が向いている人

喜んでいる人

よくコミュニケーション能力がある人が向いているとか言われますけど、全然そんなことないですよ。

僕自身そこまでコミュニケーション能力がある方ではありませんし、どっちかっていうと仲がいい人や興味がある人とだけ絡んでいたいってタイプです。

8年やって向いているなぁと感じるのは一生懸命に取り組む人!

だれだってミスはしますし、営業が悪いワケではないミスやクレームも起こります。
これはもうしょうがない。

その後のフォローをきっちりできる人であれば営業職でやっていけます。

ただひたすら謝り続けるだけしかできない場合もあるでしょうし、納期や不良品対応に関して走り回ることもあるでしょう。
ですが、それができれば十分です。

大抵のことは終わってしまえば笑い話になります。

もちろん反省や次への教訓にしなければなりませんが、必要以上に落ち込むこともありません。

 

いろいろな事に興味がある人も向いていますね。

なんでもいいんです。

なんにでも興味をもつ人は吸収が早い人が多いです。
どんどん吸収したことを自分なりのアレンジを加えていって自分の知識や経験に変えていけます。

全然関係ない異業種に対する興味でも構いません。

ふとしたきっかけで営業活動で役立つ時があります。

ちなみに学歴や頭の良さは気にしなくていいですよ。

もちろんあるに越したことはないと思いますが営業はどちらかという精神的な要素がまだまだ強い職種です。

営業に向いていない人

向いていない人イメージ

まず一番最初に思いつくのはネガティブな人ですね。

ウジウジと暗い人はあまり向いていない気がします。

ネガティブな人は何か問題が発生した場合にパニックになって動けなくなる人が多いです。

気持ちはわかりますが、トラブルが起こった時は初動が大事なので動けなくなってしまう人は比較的トラブルが大事になりやすい傾向にあります。

気持ちはホント凄くわかるんですけどね。笑

あとはチャレンジしない人は向いていませんね。

このご時世、放っておいてもモノやサービスが売れる時代ではありません。

常に新しいものを探したり、今までに自分や自社がやったことのないものでもチャレンジしていくような人でないと今後生き残っていくのは厳しいでしょう。

チャレンジする以上、失敗するリスクは常につきまといます。
それでも新しいことにチャレンジする積極性は絶対に必要です。

僕自身今まで自分がやったことないモノの取り扱いにチャレンジしていますが、失敗続きです。

赤字も出したりしてます。

社長や上司に怒られたりもしますが、それでも今までになかった商売を取ることが出来たりもしています。

最初は仕方ないですが、言われたことしかできない積極性の無い人は向いていないかもしれません。

営業に向いてないと言われた場合の対処法

結論から言ってしまうと営業に向いてないと言われても気にしなくてもいいですよ。

僕自身、営業の人と話をする機会も多いですが、自分で営業向きと思って営業している人って思っているより遥かに少ないです。

ただそれでも営業に向いていないと言われたら気にしますよね。

そんな時にどうすればいいか対処法を少し説明しておきます。

営業を続けたいけど成果が出ない場合の対処法

営業という仕事は好きだけど、成果がついてこないと辛いあなた。

正直、営業成績って運に左右されるケースもあるのでそこまで気にしなくてもいいのですが、とはいえなんとか自分の力で状況を改善したいと思いますよね。

向いてないと言われても続けたい人はどうすればいいかを簡単に解説します。

すごく大きくわけて3つの売れない理由がありますので参考にしてみてください。

  1. 提案する製品に問題がある
  2. 提案の仕方に問題がある
  3. 提案するターゲットに問題がある

この3つのなかに心当たりがあるものはありませんか?

モノが売れていた時代と違い、今の時代は必要のないものは買ってもらえません。

ここで必要なのは何が原因で売れないのかを分析することです。

恐らく成果が出ていない人でも分析はしているでしょう。

事細かに分析はしていなくてもおおざっぱでも多少の分析はしていると思います。

分析すれば上に挙げた3つのどれかに当てはまりませんか?

ユーザーのニーズが無い商品をいつまでも追いかけていても成果はついてきません。

ユーザーのニーズを正しく把握するためにもコミュニケーションをとったり事前にリサーチをすることで商品の提案も正確性を増してきます。

  • ユーザーの現状の商品ラインナップの中で悩みはないのか?
  • ユーザーの同業と比較してお客さんが劣っている部分はないか?
  • 自社の商品はユーザーが本当に必要な商品なのか?

このあたりを考えるだけでも成約率が変わってきます。

営業である以上、お客さんを誰よりも分析してお客さんが本当に困っている部分や他社に負けている要素を知っていなければなりません。

そしてその部分を補うような提案をすることで自分の成果にも繋がってきますよ。

ただすぐには結果に繋がらない場合も多いです。

焦らずに黙々と行動し、その行動を継続するのが1番大事ですよ。

すぐに結果を求めるのは自分にプレッシャーをかけることにもなるので注意してくださいね。

営業に向いていないと言われて心が折れた場合の対処法

厳しいようですが、辞めてしまうのがあなたにとっても1番いいですよ。

その場合の問題は2つあります。

  • 会社の商品や人間関係が嫌な場合
  • 営業自体が自分でも向いていないと考えている場合

1つ目が理由の場合は転職すればまだまだ営業としてやっていける可能性が大いにあります。

自分はもっとやれる!とこんな風に思えるなら環境が変われば営業としてやっていけますよ。

そういった人は結構見てきてますし。

前の職場では暗い感じだった人が新しい職場に転職したとたんに生き生きと仕事をしていることも多々あります。

一度ぐらい心が折れてもやり直しがきくのも営業ですからね。

2つ目の自分自身でも営業が向いていないと思っている場合は他の職種に転職するのがいいと思います。

無理に営業を続けていても心が病んでいくばかりで最悪の場合、うつ病などの精神疾患にかかってしまっては元も子もありません。

逃げたと思われたりするのが嫌!という人もいるかもしれませんが、別に逃げても大丈夫ですよ。

今逃げるとずっと逃げ続ける人生になってしまう・・・

こんな風に考える人もいますが、別に逃げても問題なしです。

逃げるではなく見方を変えて、嫌な上司や会社から脱出するだけで仕事から逃げるワケではありませんからね。

心が折れている時は深く考えがちですが、別に他の職種にいくことが逃げにはなりませんので気にしなくていいですよ。

次は営業のメリットについて解説していきますよ~。

営業のメリット

グッド

まず僕は法人営業で担当を持って営業しています。
担当しているお客様はある程度の地域でまとまっていますが、基本的に全国を飛び回っています。

やっててよかったと思うのは会社の経費で全国に行けることですね。

個人的に言えば仕事でなければ埼玉や群馬とか行きませんもん。笑
(埼玉と群馬の人はすいません・・・特に行きたい理由がなかったです。笑)

会社の経費でいろいろな地域に行けてご当地の美味しいものを食べれたり、仕事終わりで時間がある時は観光したりできるのでそこは自分の人生でも大きな経験ですね。

ちなみに仕事で海外も行ってます。
これも大きな経験ですね!

あと何より一番大きいのはいろんな人と知り合いになれること!

ベタな感じになっちゃいますが、やっぱりこれが一番大きいですね。

普通に過ごしていたら知り合わない大きな会社の偉い人やらテレビに出ているような人と会って話をしたりすることもできました。

自分の知らない世界の話や経験談を聞かせてもらったりするのは物凄く自分の勉強になります。

こんな経験はなかなか出来ないので、これは営業職の大きな魅力ですよ!

 

営業のデメリット

落ち込む

これはやっぱりノルマや人間関係ですね。

これはもうハッキリと言っておきます。

営業である以上、数字はあります。

上手くいっている時はいいのですが、悪い時が続くとさすがに気が滅入ります。

そして不思議なもので悪い時はたて続けに悪いことが重なります。

数字は出来ないうえに納期は遅れるしクレームが発生するし最悪です。

経験上、不思議なことにこれらのことは同時多発的にきます。

もう本気で辞めたくなる状態ですね。

休みなんか関係ないぐらい24時間頭の中をチラつきます。

まぁこれも経験談なんですが、過ぎ去ってしまえばどうってことありません。

後から振り返ってみた時にあん時は大変だったなぁ~程度で意外と終わりますし、本気で嫌なら同じことを繰り返さないように努力できますしね。

それよりも人間関係の方がよっぽど嫌になることが多いです。

幸い僕は社内の人間関係は比較的マシな方なので特に問題はないのですが、営業なのでお客さんとの相性はあります。

正直に言うと僕は結構好き嫌いが激しいタイプなので好きな人とはかなり仲良くなりますが、嫌いな人とは目もあわせたくないタイプです。

嫌いというと語弊がありますが、苦手な人はかなり多いです。

それでも営業である以上、苦手な人とも商談したり話をしないといけません。

この時間は正直かなり緊張もしますし苦痛です。

会う前や電話する前に話すことリストを作ったりもしてます。

なんだったら必要最低限の時間配分もします。

多分、仲のいい人から見れば一発でわかるレベルの雰囲気が出ていると思います。

まぁ周りから見てそうわかるレベルなので僕自身あまりいい営業マンではないです。

それでも営業を一応やれてます。

会社からしたらもっと上手いことやれよ!って感じなんでしょーけど。

こんな僕でも営業ができているので人間関係で苦手な人や嫌な人がいても意外となんとかなりますよ。

それにどうしても嫌なら法人担当の場合は担当を変えてもらうこともできますし、飛び込みの場合は最悪そこに行くのを辞めればいいですしね。

そこまで深く考えなくても大丈夫です。

社内の人間関係が嫌な場合の方がよっぽど大変だと思いますが、これは営業職だからというよりどの職種にいっても起こりえることなので、その悩みについてはまた別で記事にするかもしれません。

営業の向き不向きについてのまとめ

最初に営業について向いている人や不向きな人なんてエラそうに書いたりなんかしちゃいましたけど、やりたい人や興味がある人はやってみればいいと思いますよ。

ビジネスの基礎をお金をもらいながら勉強をするってぐらいで軽い気持ちでやってみてもいいぐらいだと思います。

他に明確にやりたい仕事や目標があるならソチラを優先した方がいいですけど、別にやりたい仕事もない人は工場で働くより営業職の方がいいです。

工場で働くとどうしても社内の人間との付き合いが中心になってそれ以上の付き合いが広がりにくいですが、営業職の場合は社外の人間関係がどんどん増えていきます。

純粋に人間関係が広がっていくと知識や経験を得る機会も多くなりますよ。

営業職って意外と転職も簡単ですし、お客さんとの繋がりで引き抜きや辞めた時にも声をかけてもらえたりしますしね。

そうゆう意味では会社もどんどん潰れたりしている時代には潰しが効くという意味でもいい職業なのかなって思います。

それに営業って案外楽しいですよ。

望む望まざるに関わらず同じ毎日の繰り返しってないですし、自分で毎日を変えていけますし。

それに営業があわなくて辞めたくなったら辞めればいいんです。

今の時代、転職は珍しいことでもないですし逆にずっと同じ会社で勤め上げることの方が少ない気もします。

仕事
スポンサーリンク
しーさんをフォローする
スポンサーリンク
サボログ

コメント