【レビュー】くじらマットレスを寝具指導士が徹底解説【口コミと評判も】

くじらマットレスのアイキャッチマットレス
新しく発売されたくじらマットレスってなに?
くじらマットレスを実際に使った感想が知りたい・・・
結局のところ、くじらマットレスは買いなの?

 

この記事ではこんな悩みにお答えします。

 

睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業のしーさん(@lipton0507)が解説します。

 

マットレスって種類も多く、そんなに頻繁に買い替えるものではないのでしっかりと選んで買いたいですよね。

 

とはいえ、なかなか実際に試す機会もなければお店に行くのもちょっと・・・こんな人も多くいます。

 

たしかにお店に行くのはちょっとハードルが高い・・・

 

そこで今回は2020年5月に新しく発売された「くじらマットレス」についてレビューします。

 

このくじらマットレスのおもしろいのは「腰痛」と「ぽっちゃり体型」に絞って開発されたところなんですよね。

 

最初に結論を書いておくと、「ぽっちゃり体型」で「腰痛持ち」かつ「横向きで寝る人」にはおすすめです。

 

ちなみに僕自身が「ぽっちゃり体型」で「腰痛持ち」です。

そんな僕が2週間使ってみた感想をレビューしていきます。

 

「ぽっちゃり体型」「腰痛持ち」「横向きで寝る人」この条件に当てはまる人こそ読んで参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

くじらマットレスはどんなマットレスなの?

疑問のイメージ

最初に書いておくと「くじらマットレス」という名前ですが、単独で使うには向いていません。

どちらかというとマットレストッパーとして使うのが正しい使い方です。

 

このくじらマットレスは冒頭でも書いた通り、「ぽっちゃり体型」「腰痛」のこの2つに特化して開発されたマットレスです。

 

「腰痛」に特化したマットレスはよくあるマットレスですが、プラスαで「ぽっちゃり体型」に特化したマットレスってあんまりないんですよね。

 

まずは下のイラストをご覧ください。

 

センターハード構造

 

こんな感じで真ん中の腰の部分がかなり硬めのウレタンが採用されています。

 

硬めのウレタンを腰やお尻の部分に使うことで沈み込みを防いでくれます。

ぽっちゃり体型の人や太めの人が寝て起きたときに腰が痛い原因は、マットレスに腰やお尻の部分が沈み込んで不自然な寝姿勢で寝ることなんですよね。

 

柔らかいベッドやお布団で寝て起きたら腰がバキバキ鳴ったり、腰が回らないなんて経験ありませんか?

 

それ、結構やばいですよ。

 

腰やお尻が沈み込んで寝返りがあまり打てていない可能性があります。

 

特にぽっちゃり体型の人や太めの人に多い傾向ですが、このくじらマットレスは腰やお尻の部分に硬めのウレタンを入れることで沈み込みを防いでくれます。

 

ここがこのくじらマットレスの最大の特徴ですね。

 

とはいえ、これ自体は他のマットレスでもある仕様なんですが、そういったマットレスでしっかりしたものって高いんですよね・・・

 

その点、このくじらマットレスは最初からぽっちゃり体型」「腰痛に特化して作られているので比較的リーズナブルな値段です。

 

大手メーカーはやっぱり数を売らないといけないので、どちらかというと万人向けの商品作りをしています。

これだけターゲットを絞った商品作りは珍しいですよ。

 

実際どんな人にくじらマットレスが向いていて、どんな人に向いていないのか僕が使ってみた感覚で解説していきます。

 

 

くじらマットレスはどんな人に向いている

疑問のイメージ

くじらマットレスが向いている人や向いていない人をまとめると下のようになります。

 

くじらマットレスを
おすすめできる人
  • ぽっちゃり体型の人
  • 筋肉量が多い人
  • 横向きで寝ることが多い人
  • 硬めの寝心地が好きな人
  • 今のマットレスがへたってきて買い替えを検討している人
くじらマットレスを
おすすめできない人
  • 小柄な人
  • 筋肉量の少ない人
  • 柔らかめの寝心地が好きな人

 

簡単にまとめるとこんな感じかなと。

寝心地は結構硬めなので、細身の女性や小柄な人が寝ると支える力がすごくて逆に背中に張りを感じるかもしれません。

 

どちらかというと女性よりは男性向けなイメージです。

特に大柄な男性や工場などの現場仕事をしている人にはちょうどいいですよ。

 

特に今使っているマットレスや敷き布団が柔らかくて寝心地が悪いと思う人や寝返りが打ちにくいなと感じている人であればかなりおすすめです。

 

詳しくは僕が使った感想のところで書きますが、身体が大きい人で横向きで寝る人には特におすすめ。

 

横向きで寝ていると腰骨あたりが沈み込んで寝にくい・・・

 

こんな風に感じる人であれば、くじらマットレスに向いていますよ。

腰骨あたりが沈み込みすぎずちょうどいい感じに支えてくれます。

 

実際、横向き寝に向いているマットレスは少ないです・・・

 

他の有名マットレスだと凹凸構造であったり特殊な形状をしていることが多いので、なかなか横向き寝には不向きなんですよね。

 

向いていないとは言いませんが、どうしても違和感があります・・・

 

ただ、このくじらマットレスの場合は形状はフラットなマットレスなので凹凸感が気になるといったこともないですし、ウレタンなのでギシギシ音が鳴ることもありません。

 

ぽっちゃり体型の人で横向きで寝ることが多い人にはおすすめですよ!

 

それにマットレス自体を買い替えるとなれば、かなり高額な出費になります。

処分するのにもお金や手間がかかりますし・・・

 

このくじらマットレスであれば土台のマットレスを活かしつつ、マットレスを買い替えるより安い金額で今あるマットレスを使い続けることができますよ。

 

しっかりとしたマットレスを買おうと思うと5万円以上はしてきますしね。

さらに上のランクだと10万円以上することも多いです。

 

さすがに10万円はちょっと・・・

 

そう考えればくじらマットレスのようなマットレストッパーを買って寝心地を改善するのはおすすめですよ。

値段も半額以下ですしね。

 

逆に細身の人や小柄な女性の人は反発力が強く硬めの寝心地なので、背中に張りを感じるかもしれないのでおすすめできません。

 

実際、僕も使い始めて2~3日ぐらいは背中が張っているように感じましたし。

 

なので特に体重も軽く、筋肉量の少ない女性には不向きかもしれません。

ここは買う前に注意した方がいいですよ。

 

 

くじらマットレスの使い方

マットレスの使い方のイメージ

くじらマットレスの使い方は簡単です。

基本的にはマットレストッパーと同じで、今使っているマットレスやお布団の上に重ねて使うだけです。

 

実際に僕が使っているのがこんな感じです。

 

実際に使用しているイメージ

 

写真ではわかりやすいようにシーツは取っていますが、実際はマットレスの上にくじらマットレスを置いてシーツでくるんでいます。

その上に敷きパッドを敷いているといった感じですね。

 

マットレスの上にくじらマットレスを置いてシーツを被せることができるかは、自分の使っているマットレスとシーツの大きさによって変わるので注意が必要です。

 

シーツのマチ幅が30㎝ぐらいあるものであれば大丈夫かなといったイメージですね。

 

敷き布団の上に乗せて使う場合はくじらマットレスの上に敷きパッドを乗せて使うのが1番コスパがいいかなと思います。

 

マットレストッパー用のシーツを買うぐらいなら、敷きパッドで汗や汚れを防いで洗うだけでも十分ですよ。

 

特に使い方で難しい部分はないので、誰でも簡単に使うことができます。

 

くじらマットレスを実際に使ってみた感想

感想のイメージ

実際に僕が2週間使った時点での感想を良かったところと悪かったところをまとめるとこんな感じ。

 

くじらマットレスの
良かったところ
  • ぽっちゃり体型でも体をしっかりと支えてくれる
  • 横向き寝がかなり楽
くじらマットレスの
悪かったところ
  • 最初は背中に張りを感じた
  • 少し蒸れる

 

簡単にまとめるとこんな感じです。

まぁ使って2週間なので、今後は感想も変わってくるかもですが・・・

 

ちなみにこんな感じで届きます。

 

到着時の画像

 

あけるとこんな感じ。

 

開封時の画像

 

厚みはこんな感じでしっかりと5㎝はありますよ。

 

厚みの計測画像

 

ベッドの敷くとこんな見た目になります。

 

ベッドに敷いた画像

 

ちょっと画質が粗目ですいません・・・

実物はこんなテカテカではないので安心してください。

 

ちなみに収納するときは三つ折りにして収納できるのでスペースを取ることもないですよ。

 

折りたたみ時の厚み

 

折りたたんだ状態でのサイズは幅95㎝×長さ65㎝×厚さ16㎝とかなりコンパクトになります。

 

反発力はこんな感じです。

 

反発力のGIF

 

それでは悪かったところからレビューしていきます。

 

最初は背中に張りを感じた

くじらマットレスを使い始めて2~3日間は朝起きたときに背中に張りを感じました。

まぁこれは枕を変えたり、マットレスを変えたりしたときに起こりやすいのであまり気にしていませんでした。

 

まぁ新しい寝具に慣れるまでの筋肉痛みたいなもんです。

 

だいたい3日~1週間程度で慣れてきます。

もし1週間程度たっても慣れないのであれば、合っていない可能性が高いので使うのをやめた方がいいかもです。

 

僕の場合は3日目にはほとんど気にならなくなっていました。

最初は僕みたいに感じる人もいるかもしれません。

少し蒸れる

使い始めた時期が梅雨だったので余計に感じた部分ですが、寝ていて少し蒸れを感じました。

これはウレタンの特性上、仕方のない部分ですが気になる部分ではあります。

 

ただ、これはウレタンマットレスであれば特殊な加工をしているものを除けばどのマットレスも同じですけどね。

 

解決方法は吸湿性の高い敷きパッドを使うかエアコンを使うかすれば気にならなくなりますよ。

 

僕は今回はクーラーを使って気にならなくなりましたが、麻の敷きパッドもおすすめですよ。

さらっとするので使っていて気持ちがいいです。

 

僕も毎年麻敷きパッドを使っていますが、洗濯したら麻敷きパッドも併用します。

 

一緒に使うと便利で気持ちのいい麻の敷きパッドについては麻の敷きパッドを比較!値段が違うと何が変わる?【具体例でおすすめ紹介】という記事で解説しているので参考にしてみてください。

 

 

次は良かったところを解説します。

ぽっちゃり体型でも体をしっかり支えてくれる

僕自身が身長172㎝で体重が80㎏弱あるので、完全にぽっちゃり体型です。

あくまでぽっちゃり体型ということにしておいてください。

 

さすがにデブは少し傷つく・・・笑

 

話が逸れましたが、そんな僕でもしっかりと支えてくれます。

もともと僕は腰痛持ちで、低反発のマットレスや柔らかいベッドで寝ると翌日起き上がるのもツラいほどの腰痛に悩まされます。

 

このくじらマットレスは真ん中の腰やお尻の体重がかかりやすい部分にかなり硬めの170Nのウレタンが入っています。

しっかりと支えてくれるので、沈み込みすぎるといったことがありません。

 

使い慣れてくると寝起きの体が楽になりました。

もちろん、腰痛に悩まされることもありませんよ。

横向き寝がかなり楽

これは個人的には予想外だったのですが、横向きで寝るとめちゃくちゃいいです。

 

普通のマットレスだと横向きで寝ると腰骨のあたりが沈み込んで寝にくいのですが、このくじらマットレスは硬めでしっかりと支えてくれるのでかなり楽ですよ。

 

横向きで寝てもしっかりと支えてくれるので、寝姿勢が不自然になることもありません。

肩の部分は腰部分ほど硬くないのでちょうどいい感じで腕が痺れるとかもなかったですね。

 

横向きで寝る人で今使っているマットレスが合わないと思うのであれば、本当におすすめできますよ。

 

 

くじらマットレスの口コミや評判は?

口コミのイメージ

気になる他の人の口コミや評判ですが、まだ発売されたばかりで少ないです。

まだ悪い口コミはないという状況ですが、良かった口コミをピックアップして紹介します。

 

今後口コミが増えてきたら悪かった口コミも含めて更新しますね。

 

くじらマットレスの良かった口コミ

くじらマットレスの良かった口コミを紹介します。

良かった口コミも2020年6月時点では公式サイトにしかありませんでしたが、3つ紹介します。

 

腰痛持ちです。敷布団の上に重ねて使用したところ、お尻が沈み込みすぎずに、腰を支えてくれて、寝心地が格段に良くなりました。横向きにも寝やすく快適です。

身長170㎝ 体重90㎏ 男

 

実際に僕も使ってみて感じましたが、横向きで寝るにはちょうどいいです。

もちろん、仰向きで寝ても体をしっかりと支えてくれますしね。

 

以前購入した有名マットレスは柔らかすぎて失敗しました。こちらのマットレスはちょうど良い硬さで寝返りも楽でした。くじらみたいにしっかり支えてくれます。

身長158㎝ 体重70㎏ 女性

 

女性でもしっかり目の体型の人には合うようですね。

ちなみに僕の妻は体重50㎏ぐらいですが、硬めでちょっと・・・という感じでした。

 

マットレスの買い替えをしようとしていたところ出会いました。安い高反発マットレスの上に敷いたら、朝起きたときの肩の不快感も気にならなくなりました。

身長167㎝ 体重80㎏ 男性

 

肩の不快感も気にならないのは僕も横向きで寝ていたときにも感じましたね。

腰やお尻部分はしっかりと支えてくれますが、肩の部分はちょうどいい硬さですよ。

 

 

くじらマットレスのサイズと値段

値段のイメージ

くじらマットレスのサイズと値段についてもまとめておきます。

まとめたのがこちら。

 

シングルセミダブル
サイズ幅95㎝×長さ195㎝幅120㎝×長さ195㎝
厚さ5㎝5㎝
中身の素材ウレタン100%ウレタン100%
カバーの素材ポリエステル100%ポリエステル100%
硬さ頭:140N
腰:170N
足:140N
頭:140N
腰:170N
足:140N
値段34,980円(税込み)
セール中で今なら
27,980円(税込み)
36,980円(税込み)
セール中で今なら
29,980円(税込み)

 

残念ながらダブルサイズはありませんが、セミダブルはかなり割安感がありますよ。

他社のセミダブルはシングルと比較して結構割高になっていることが多いですしね。

 

ちなみに送料無料なので安心してくださいね。

 

現在は公式サイトからしか販売されていませんが、今後は販売ルートも増えていく予定があるそうです。

アマゾンや楽天でも買えると嬉しいですね。

 

ちなみに公式サイトでの決済手段はこんな感じ。

お支払い方法

・Visaカード
・Masterカード
・American Express
・Apple Pay
・Google Pay
・Shop Pay
・PayPal

 

くじらマットレスを買う前に注意すべき3つのポイント

チェックリストのイメージ

マットレストッパーとしてはおすすめできるくじらマットレスですが、買う前に注意しておかないといけないポイントがあります。

 

注意するポイントは下の3つ。

 

買う前に注意すべき3つのポイント
  • 返金保証がない
  • 洗えない
  • 天日干しができない
ココは注意!
しーさんのむすっとした顔

 

個別に簡単に解説します。

返金保証がない

くじらマットレスには返金保証がありません。

ネットでしか買えないマットレスではこれは結構ツラい部分ですね。

 

他の大手の場合「全額返金保証」があったりするので、自分に合わなかった場合でも返品することができるのですが、このくじらマットレスにはないんですよね。

 

最悪、自分に合わないなと思った場合は他の人に使ってもらうか、折りたたんで大きめのクッションとして使うしかありません。

洗えない

これは全てのウレタンマットレスにあてはまるので、くじらマットレスだけではありませんが洗えません。

 

洗うと劣化しますし、そもそも全然乾きませんよ。

とはいえ、中のウレタンは洗えなくてもカバーは取り外して洗うことができるので汚れが気になる人はカバーをこまめに洗いましょう。

天日干しができない

くじらマットレスに限らず、中のウレタンは日光を浴びると劣化します。

これはウレタンの特性上、仕方のないことで日光を浴びるとウレタンが硬くなりポロポロはがれてきます。

 

他にも黄変といって黄色く変色します。

 

ただ天日干しはできませんが、日光の当たらない風通しのいい場所に立てかけておくと湿気を飛ばすことができるのでお手入れはできますよ。

 

こんな感じで風通しのいい場所に置いておいてください。

 

干し方の画像

 

これを定期的に行うことでカビの発生も防げるので大丈夫ですよ。

 

結論:くじらマットレスは買いなのか?

結論のイメージ

くじらマットレスを2週間使ってみた感想や基本的な情報についてまとめてみました。

最後におさらいしておきます。

 

自分が使ってみた感想も含めて考えると「くじらマットレス」がおすすめの人とそうでない人はこんな感じです。

 

くじらマットレスが
おすすめの人
  • ぽっちゃり体型の人
  • 筋肉量が多い人
  • 横向きで寝ることが多い人
  • 硬めの寝心地が好きな人
  • 今のマットレスがへたってきて買い替えを検討している人
くじらマットレスが
おすすめでない人
  • 小柄な人
  • 筋肉量が少ない人
  • 柔らかめの寝心地が好きな人
  • こまめに洗いたい人

 

正直、万人受けするマットレスではないかもしれません。

ただ、これは逆に好きな人は好きという感じのマットレスで合う人には合うといった感じです。

 

大柄な男性やぽっちゃり体型の男性で横向きで寝る人には特におすすめですよ。

横向きで寝るのに合うマットレスがないという人は試してみてください。

 

 

マットレス
スポンサーリンク
しーさんをフォローする
スポンサーリンク
プロフィール
このブログを書いた人
しーさん

30代の寝具業界の営業マン。
睡眠環境・寝具指導士の資格あり。
寝具に疑問や不満を感じている人の手助けができればいいなと思いブログを立ち上げ情報を発信中。

しーさんをフォローする
サボログ

コメント