ダウンケットにカバーは必要?いらない?【使えばチクチクしないカシャカシャ鳴らない】

ダウンケットカバー必要EC カバー
ダウンケットにカバーってそもそも必要なの?
ダウンケットのカバーでおすすめって何かないのかな・・・?
ダウンケットのチクチクした芯が気になる・・・なんとかならない?

 

この記事でははこんなお悩みを解決していきます。

 

睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業のしーさん(@lipton0507)が解説します。

 

そもそもダウンケットや羽毛肌掛け布団を使う時にカバーをしていますか?

 

ダウンケットは洗えるのでカバーは使っていないよ

 

洗えるのにわざわざカバーをつける意味なんかないわ

 

こんな風に考える人も多くいます。

それ、間違いですから。

 

結論から書くと、基本的にダウンケットでもカバーは使った方がいいですよ。

 

この記事ではなぜカバーが必要でどんなカバーがいいのか解説していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

ダウンケットにカバーは必要?

悩んでいるイメージ

ダウンケットって洗えるからカバーは必要ないんじゃないの?汚れたら洗えばいいし・・・と思いがちですが、基本的にはカバーを使った方がいいです。

あくまで基本的にという感じなので例外はあって、カバーを使わない方がいい場合については次の項目で説明します。

 

まずはダウンケットや羽毛肌掛け布団にカバーをつけるメリットとデメリットをまとめます。

 

カバーを使うメリット
  • ダウンケットや掛け布団が長く使える
  • 洗う時も布団を洗うよりカバーを洗う方が省スペースで乾きも早い
  • 純粋に肌触りが良くなることが多い
  • カバーの素材によっては吸湿性が上がるので蒸れが少なくなる
  • ダウンケットのカシャカシャとした音が軽減される
  • ダウンケットのチクチクとした感触が軽減される
カバーなしのデメリット
  • 洗えるからといって頻繁に洗うと生地の劣化を早める
  • 直接使っていると爪などをひっかけて穴が空くこともある
  • 使っている間に生地が薄くなり、中の羽毛が吹き出してくることがある
  • 生地の素材がポリエステルが多い場合だと汗を吸わないので蒸れる

 

ざっくりとまとめるとこんな感じです。

少し深堀して解説していきます。

 

ダウンケットをカバー無しで使うデメリット

まずはダウンケットをカバーなしで使うデメリットから解説します。

具体的なデメリットは4つです。

 

  • 洗えるといっても何度も繰り返し洗うと生地が劣化する可能性がある
  • 側生地が使用している時に摩擦で劣化する可能性がある
  • 側生地が薄くなってくると中から羽毛が吹き出してくる可能性がある
  • 生地の素材がポリエステルが多い場合、汗を吸わないので蒸れる

 

ダウンケットや掛け布団は使っているとどうしても劣化してきます。

特に洗ったりすると劣化するスピードが早まります。

服やタオルでもそうですが、繊維製品って無制限に洗えるワケではないです。

洗っていると伸びたり縮んだりしてきます。

 

他にも縫っている部分がほつれてきたりしますよね。

ダウンケットや羽毛肌掛け布団でも同じで縫い糸がほつれたり糸が切れたりするとそこから中の羽毛が飛び出してくる可能性があります。

穴があいてしまえばそこからどんどん羽毛が飛び出してくるくることになります。

 

洗えるというのは大きなメリットですが、出来るだけ洗う頻度を少なくする方が長くお布団を使うことができますよ。

 

それにカバーをかけずに使っていると爪など何かひっかけてしまった時に穴があいたりすることもあります。

それ以外にも抱き枕のようにして寝ている場合、ダウンケットの生地同士がこすれてしまって薄くなると余計に生地に穴があきやすくなります。

 

布団カバーはいらないと思うかもしれませんが、長く使うことを考えるのであれば絶対にカバーは必要ですよ。

 

ダウンケットにカバーを使うメリット

次にダウンケットや羽毛肌掛け布団にカバーを使うメリットを解説していきます。

具体的なメリットは5つあります。

 

  • ダウンケットやお布団が長持ちする
  • 洗う時もダウンケットを洗うよりもカバーを洗う方が楽で省スペースでできる
  • 肌触りがよくなる
  • カバーの素材によっては吸水性や吸湿性が良くなるのでムレ感が解消される
  • ダウンケットのカサカサした音やチクチクした芯のような感触が緩和される

 

メリットはこんな感じなんですが、カバーを使うことの方がメリットが多いですよね。

先ほどのデメリットのところでも挙げた通り、ダウンケットにしてもお布団にしても摩擦で側生地が劣化していきます。

 

カバーをかけることによって摩擦を軽減できるのでお布団が長持ちしますし、洗う時もダウンケットを洗う労力よりもカバーを洗う労力の方が少なくすみます。

干す時もそこまで場所をとりませんしね。

 

ダウンケットを洗う回数が減れば、ダウンケットも長持ちしやすくなります。

ダウンケットの場合は側生地の素材がポリエステル混の生地が多いので、どうしてもつるつるとした肌触りが苦手な人もいるかと思います。

そんな人はカバーの素材で肌触りを改善できますし、ポリエステル混の生地に多いカサカサとした音も改善できます。

 

梅雨や夏の暑い時期に夜中に汗をかいたりムレて目が覚めることってありませんか?

ポリエステル混の生地って吸水性や吸湿性が悪いのでムレ感があったりするんですが、綿素材などのカバーを使うことによってムレ感を改善することができます。

ポリエステルは水分を吸いませんが綿は水分を吸ってくれるのでムレ感は軽減できますよ。

 

あとダウン率が50%ぐらいのダウン率の低いダウンケットを使っている場合にダウンの芯の感触が気になるといった人もカバーをかけることによって、その感触が軽減されるのでおすすめです。

 

とまぁこんな感じで淡々とメリットについて説明しましたが、基本的にカバーは使った方がいいですよって結論です。

 

ダウンケットにカバーが必要ない場合

寝そべる女性

とはいえ例外的にカバーが必要ないダウンケットもあります。

正確には必要ないというより使わない方がより効果的という場合ですね。

ダウンケット自体に接触冷感加工などの機能性加工が施されている場合は、カバーをかけるより直接使う方がより大きな効果がでます。

接触冷感なので接触しないと効果が実感できませんからね。

あくまで機能性を重視するならカバー無しで使ってみて、お布団を長持ちさせたいのであればカバーをして使うといいですよ。

 

他にもダウンケットが二重ガーゼの生地で作られているのであればカバーはいらないかもしれません。

というのも、二重ガーゼの生地の特徴として洗うと風合いがよくなります。

その場合はカバーをつけずに使うのもありです。

ただ長持ちさせたいのであれば、やっぱりカバーはいると思います。

 

ちなみにおすすめのカバーも紹介するので参考にしてください。

 

ダウンケットにおすすめのカバー

オススメ

カバーが必要かどうかというのは説明してきた通りですが、基本的にカバーは使った方がいいです。

ここではダウンケットにぴったりのカバーを紹介しておきます。

 

ダウンケットに機能をプラスするようなカバーを選びましたが、別にダウンケット以外でも使えるので結構使いまわしがきくのでおすすめですよ。

 

和晒しガーゼカバー

 

これが一番のおすすめです。

和晒しという伝統製法で生産されているカバーで風合いや吸水性がいいのが特徴です。

通常の晒と呼ばれる織物の不純物を取り除く工程を昔ながらの製法で4日かけて行うことで通常の晒工程で出来上がる生地よりもふっくらとした肌触りで糸もふっくらしているので吸水性にも優れています。

 

エコテックスの認証を受けているので人体に悪影響を与える有害物質が使われていないという照明もされていて一番厳しい基準をクリアしているカバーなので乳幼児がいる家庭でも安心して使うことができます。

 

この和晒しガーゼカバーはシングルガーゼなので軽いというのも特徴で、ダウンケットの特徴でもある軽さを邪魔しないのもおすすめポイントになります。

あと何気にカバーを取り付けるヒモがボタンなのでカバーの取り付け、取り外しが非常に楽です。

 

一番シンプルなカバーになりますがシンプルなので売れ続けています。

注意点としては最初は風合いが固く感じるかもしれませんが何度か洗っていくとどんどん風合いがよくなりますよ。

 

これはこの和晒しガーゼカバーだけじゃなくガーゼの特徴ですので、最初にあんまり柔らかくないと思ったら一度洗ってみて使ってください。

肌になじんできますよ。

ほんとおすすめ。

 

【和晒・無添加・エコテックス】 8ヶ所ボタン付きテープ 羽毛・羊毛・真綿の特長を最大限に生かすガーゼふとんカバー 国産 ガーゼカバー シングル 和晒 無添加ガーゼ 軽いカバー
created by Rinker

 

無添加3重ガーゼカバー

 

先に紹介した和晒ガーゼカバーのアップグレード版みたいなものですが、こちらは3重ガーゼになります。

簡単に説明すると上で紹介した和晒しガーゼの生地を3重にしたイメージを持ってもらうとわかりやすいかと。

 

和晒しガーゼカバーと比較した場合、生地が3重になっているので吸湿性と吸水性が大幅にアップします。

特に吸水性に関しては0秒吸水ということで抜群の吸水性があります。

汗をかいたり寝ているときの湿気を吸ってくれるのでムレ感がなくなりますよ。

 

あと生地が3重ガーゼになったことで保温性もアップしているので、夏の暑い時期はこのカバー単体でも寝れます。

先ほどの和晒しガーゼカバーと同じくエコテックス認証も最上級のクラス1なので赤ちゃんが口に入れても大丈夫な品質で安心ですよ。

 

デメリットは3重になった分、純粋に重たくなっています。

これは好みが分かれる部分ですが、ダウンケットのカバーとして使う場合は少し重たく感じるかもしれません。

 

あとカバーのヒモが先ほどの和晒しガーゼカバーの方はボタン付きだったのがこちらはヒモで結ぶタイプですので普段使いが若干手間がかかります。

でもデメリットはそれぐらいでして、この3重ガーゼもおすすめのカバーです。

 

あったか 掛け布団カバー シングルロング 150×220cm 松並木の無添加 ガーゼ 3重 布団カバー オフホワイト【日本製】綿100% 肌に優しい 丸洗いOK エコテックス認証 敏感肌 アトピー 夏は6重ケット 1年中 松並木
created by Rinker

 

ダウンケットにカバーって必要?についてのまとめ

両手を広げる男

結論は最初にも書いた通り、カバーは必要です。

なかには例外的にカバーを使わない方が機能性的にメリットがある場合もありますが、基本的には使ってください。

 

カバーの種類によってはダウンケットに機能性をプラスすることができますし、ダウンケットの側生地に使われている素材はポリエステルを使ったものが多いので吸湿性や吸水性があまりよくないので、そこを補える綿素材のカバーがおすすめです。

 

ダウンケットは洗えるのでついついそのまま使いがちですが、カバーを使う方がワンランク上の寝心地になるので、是非使ってみてくださいね。

 

カバーだけでなくコスパのいいダウンケットも探しているのであれば【2020年版】通販で買える日本製の洗えるダウンケットのおすすめ3選!【コスパ重視です】という記事を参考にしてみてください。

 

 

ダウンケットについて選び方や使い方、おすすめのダウンケットについて下の記事でまとめていますのであわせてご覧ください。

ダウンケットまとめ【使う時期や選び方は?おすすめまで紹介!】
ダウンケットについて気になる疑問や選び方についてまとめました。 使い方やおすすめのダウンケットについてもまとめてありますので参考にしてください。
カバー
スポンサーリンク
しーさんをフォローする
スポンサーリンク
プロフィール
このブログを書いた人
しーさん

30代の寝具業界の営業マン。
睡眠環境・寝具指導士の資格あり。
寝具に疑問や不満を感じている人の手助けができればいいなと思いブログを立ち上げ情報を発信中。

しーさんをフォローする
サボログ

コメント