【最安はふるさと納税】西川のエアー枕を使った感想を正直にレビューします!

西川のエアー枕レビューのアイキャッチ
西川の枕っていいのかな?
AIRはスポーツ選手も使っているぐらいだから寝心地がよさそう・・・
エアーの枕をお得に買う方法が知りたい!

 

この記事ではこんな疑問が解決できます。

睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業のしーさん(@lipton0507)が解説します。

 

西川のエアーって知っていますか?

正しくは「AiR」という表記ですが、わかりやすいし書きやすいエアーで書いていきます。

 

ちなみにどんなものかというと、メジャーリーガーの大谷翔平選手や田中将大選手など多くの有名アスリートが使っているマットレスです。

このエアーはマットレスの方が有名ですが、同じ素材を使った枕も販売されています。

 

この記事では僕が実際にエアーの枕をふるさと納税の返礼品でもらったので、使ってみた感想をレビューします。

使ってみた正直な感想とどんな枕なのかを画像多めで解説しつつ、この枕はどんな人に向いているかを解説します。

 

西川のエアーの枕が気になっているという人は参考にしてみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

西川のエアー枕3Dを買った理由

買った理由のイメージ

西川のエアー枕を僕がふるさと納税の返礼品に選んだ理由は、新型コロナの影響で「じぶんまくら」のメンテナンスに行きにくい状況なので、新しい枕を試そうかなと思って買ってみました。

 

ただ、今回は普通に買うのではなくて、ふるさと納税の返礼品で貰うことにしました。

「ふるさと納税」では有名どころの枕で言えば、西川のエアーやエアウィーヴの枕などがあります。

 

どっちを頼もうか悩んだのですが、結局は両方ふるさと納税で頼んでみました。笑

先に西川のエアー枕が届いたので、こちらからレビューしていきますがエアウィーヴの枕も届いたらそっちもレビューしますね。

 

そんな感じで実用的な部分で試してみたいという気持ちが半分とレビューや比較目的が半分で買ってみましたが、レビューは真剣にしていきます。

 

 

 

西川のエアー枕3Dってどんな枕?

疑問

そもそも西川のエアー枕3Dってどんな枕なのか解説しておきます。

まずはスペックをまとめます。

 

エアー3D(Low)のスペック

サイズ:縦34㎝×横61㎝×高さ11㎝

中身の素材:ウレタンフォーム

中身の生地:ポリエステル100%

カバーの生地:ポリエステル100%

生産国:日本製(ウレタンフォームは中国製)

備考:高さ調整可能、ふるさと納税の返礼品でもらえる

 

この枕の最大の特徴は特殊な形状にあります。

あとで実際に撮った写真も貼りますが、イメージとしてはこんな感じ。

 

エアー枕図解

エアー凹凸イメージ

西川の公式ページより引用

 

こんな感じで凸凹とした形状が特徴の枕です。

ちなみにこの枕には高さが低めのLowタイプと高めのHighタイプがあります。

 

この枕の特徴はネックサポートシステムと呼ばれる、頭と頸椎を自然に支え頭部がしっかりと安定し、首筋にぴったりとフィットします。

クッション性も高いので、寝返りもスムーズに打つことができます。

サイド部分も高さがあるので横向きで寝る人にも対応していますよ。

 

そんな西川のエアー枕3Dですが、僕が返礼品でもらったのがLowタイプなのでLowタイプのレビューをこの記事でしていきます。

 

 

 

西川のエアー3Dのメリットとデメリット

メリットとデメリット

西川のエアー枕ですが、具体的にどんなメリットやデメリットがあるの?と気になりますよね?

公式に書いている情報や実際に自分で使った感想も含めてメリットとデメリットをまとめて解説します。

 

まずはこの枕のメリットとデメリットをまとめます。

 

エアー3Dのメリット
  • 頭と首元のフィット感がいい
  • 適度な反発力で寝返りが打ちやすい
  • 横向きでも寝やすい
  • 高さ調整ができる
  • 西川のエアーブランドなので品質面は安心
エアー3Dのデメリット
  • Lowタイプでも高さは高め
  • 洗えない
  • ウレタンなのでいつかはへたる
  • 値段は高め

 

ざっくりとまとめるとこんな感じです。

メリットとデメリットをもう少し深掘りして解説します。

 

エアー枕3D(Lowタイプ)のメリット

凸凹のある特殊な形状の枕ですが、頭と首元のフィット感は良いです。

もちろん高さ調整は必要ですが、かなりよかったです。

 

凸凹があるので気になりそうと思うかもしれませんが、ここは意外と気にならないので安心してくれていいですよ。

寝返りを打つ時も気にならないので大丈夫。

 

中芯のウレタンもしっかりとしているので、反発力はしっかりとあります。

反発力がしっかりしているので寝返りも打ちやすいので、寝ていて寝返りを打ちにくく目が覚めるといったことはないと思いますよ。

 

逆に低反発のようにモチっと包まれるような寝心地が好きな人には不向きな枕かもしれませんね。

反発力はしっかりとありますが、硬いというワケではないので寝心地は悪くないですよ。

 

この枕はサイド部分の高さもしっかりとあるので、横向き寝が多い人にもおすすめです。

横向きで試してみたりもしましたけど、肩や首がしんどくなるといったことはほとんどなかったですよ。

 

高さ調整ができるのも大きなメリットです。

枕が合うか合わないかは枕の高さが自分に合っているかどうかが大きなポイントになります。

 

このエアー枕はLowタイプを選んでもHighタイプを選んでも高さ調整ができます。

枕についている高さ調整シートで自分に合った高さを見つけられる可能性が高くなります。

高さが変わると寝心地も全然変わってくるので、調整できるのは大きなメリットですよ。

 

最後は僕の予想ですが、西川のエアーブランドって西川の中でもかなり力を入れているブランドなんですよね。

有名人をイメージキャラクターに採用しているぐらいなので、商品の広告にもかなり投資をしています。

 

そんな商品にもし問題があれば、企業イメージが悪くなるので品質面でもかなり気を使いますよね。

元々、西川は品質基準もかなり厳しいですが、このエアーシリーズであれば品質面においては信頼できるんじゃないかなと思います。

 

エアー枕3D(Lowタイプ)のデメリット

メリットが多い西川のエアー3D枕ですが、デメリットも少しあります。

デメリットというほどのものではありませんが、このLowタイプの枕でも高さは結構高めです。

 

最初は高さ調整シートがセットされた状態で届くのですが、高さが11㎝あります。

これは低めとはいえ、結構高めです。

他の枕ならもっと低いですからね。

 

とはいえ、高さ調整シートを外せば8㎝ぐらいにはなるので高いのが苦手な人や高すぎる枕が合わないという人はシートを抜いて使うといいですよ。

実際、僕も高さ調整シートは抜いて使っていますしね。

 

ここは好みの問題なのでデメリットではないですが、人によっては気になるところですね。

 

ここからは純粋にデメリットですが、まず洗えません。

カバー部分は洗えるのですが、中芯のウレタンは洗えません。

これは絶対に守ってください。

 

洗うとウレタンは劣化しますし、そもそも乾きません。

間違って洗ってしまったら乾かすのに1週間から2週間かかりますよ。

外見上乾いているように見えても、内部が半乾きだとカビの原因にもなりますし、絶対にやめておきましょう。

 

ウレタンなので耐久性はあるのですが、いつかはへたります。

これはこの枕だけじゃないのですが、へたると高さも変わってくるので合わないなと思えば買い替える必要があります。

ずっと使えるものではないことは頭に入れておきましょう。

 

あと値段は高めです。

最近では枕の種類も多くなっていて、他にも高い枕はありますが税込み14,300円は結構高めですよね。

ふるさと納税を利用した場合でも44,000円を先に払わないといけません。

 

とはいえ、ふるさと納税の返礼品でもらう場合だと実質負担は2,000円ですむのでお得に買うことができます。

ふるさと納税を利用するのであれば逆にお得に買える枕ですよ。

 

それでは実際にこの枕を使った感想をレビューしていきます。

 

 

 

西川のエアー3Dピローをレビュー

レビュー

西川の枕エアー3D(Lowタイプ)を実際に使ってみた感想をレビューします。

 

先に感想を書いておくと、低めの枕や普通の高さの枕が好みな人にはおすすめできる枕です。

他にも横向きで寝ることが多い人にもおすすめできる枕ですよ。

 

どちらかというとトゥルースリーパーの枕みたいにすごい尖った特徴のある枕というよりは、高さや硬さがあえば万人受けするようなオーソドックスな枕というイメージですね。

 

詳しくは画像を見ながら解説していきます。

 

届いてから開封まで

どんな感じで届くのか、開けてみた時にどんな感じなのかを実際の写真を見つつ解説します。

 

エアーが届いた状態

 

今回はふるさと納税で注文したので、こんな感じで届きました。

右上の方にふるさと納税のシールが貼ってありますよね。

楽天のふるさと納税でもあるので、おすすめですよ。

 

中を開けるとこんな感じで入っています。

 

エアー枕を開封

 

近江八幡市の返礼品なので、リーフレットが入っています。

袋を開けると中身はこんな感じです。

 

エアー枕

 

ちなみに裏面はこんな感じになっているので、参考にどうぞ。

 

エアー裏面

 

エアーのブランドネームが縫い付けられています。

ちなみに品質表示は中に入っているのですが、内容はこんな感じになります。

 

エアー枕の品質表示

 

ただし、この洗濯絵表示はカバーの表示なので中身のウレタンは洗えないので注意してくださいね。

 

実際のエアー枕のサイズ感

実際の枕のサイズ感はどんな感じか測ってみました。

 

たてはこんな感じ。

エアー枕たてのサイズ感

 

写真を撮った角度で35㎝程度あるように見えますが、実際は34㎝ぴったりぐらいでした。

横幅のサイズ感はこんな感じです。

 

エアー枕横幅のサイズ感

 

こちらも撮り方が悪くて、微妙に見えますが実寸もほぼ61㎝で公表されているスペック通りですね。

最後に高さも測っておきます。

 

エアー枕の高さ

 

こちらもほぼ11㎝と公表されている通りですね。

ただ、これは高さ調整シートが入っている状態なのでシートを抜くと最大3㎝低くすることができますよ。

 

普通の高さの寝心地が好きという人は低めのLowタイプを選んでおく方が無難かなと思います。

ちなみに高めが好きな人はLowタイプと比較して2㎝高いHighタイプを選ぶのもありですよ。

 

自分にあった高さをお好みで選んでみてください。

 

西川のエアー3Dを使ってみた正直な感想

実際に西川のエアー3D(Lowタイプ)を使ってみた感想ですが、人にもおすすめできる良い枕だなと思いました。

 

思っているよりも反発力もありますし、高さ調整ができるのである程度は自分にあわせることができますしね。

サイド部分も高さがしっかりとあるので、横向き寝にも対応できますし。

 

基本的な枕としての性能はかなり高いですよ。

高さと硬さがあうようであれば、万人受けするようなオーソドックスな枕といったイメージですね。

 

使ってみて肩や首が痛くなるということも僕はありませんでしたし、慣れるまで寝つきが悪いといったこともありませんでした。

ここは人によって変わる部分なので、なんとも言えませんけどね。

 

枕選びに悩んでいるという人なら試す価値のある枕ですよ。

無難に寝やすい枕なので、本当におすすめです。

 

 

 

西川のエアー枕はどんな人におすすめ?

疑問のイメージ

西川のエアー枕はどんな人におすすめかというと、実は結構難しいです。

自分で使ってみた感想も含めて考えると、高さと硬さが合えば万人受けするようなオーソドックスな枕なんですよね。

 

本来であればこの枕は首が痛い人におすすめとか横向きで寝る人におすすめとか思い浮かぶことがあるのですが、この枕は本当に平均値が高いです。

 

なので、高さと硬さがあえば誰でも使えるようなおすすめの良い枕って結論になっちゃいます。

あえて書くのであれば、有名寝具メーカーの枕を使いたいという人や今使っている枕が合わないなと感じている人、新しく枕の買い替えを考えている人におすすめの枕ですね。

 

本当、無難な良い枕ですよ。

 

 

 

西川のエアー3Dピローをお得に買う方法

楽しそうなイメージ

このエアー枕を1番お得に買う方法はふるさと納税の返礼品でもらうのが最安で手に入れる方法です。

一時的に44,000円を先に払う必要がありますが、税金の控除を受けることができるので実質負担は2,000円で済みます。

 

お得に欲しいというのであればこれは1番お得です。

ちなみに僕も今回はこの方法で手に入れました。

 

注意してほしいのが、あくまで税金の控除を受けれるということで返金されたり値引きされるワケではないので気をつけてくださいね。

あと自分がしっかりと控除が受けれる限度額を把握しておく必要があります。

 

控除額についてはシミュレーターがあるので参考にしてしっかりと把握した上で申し込んでくださいね。

参考に楽天のシミュレーターのリンクも貼っておきます。

楽天ふるさと納税 かんたんシミュレーター

 

以前は楽天のふるさと納税でも取り扱いがあったのですが、2021年1月時点では取り扱いがなくなっていました。

2021年8月時点で確認したところ復活していました。

ただ、ふるさと納税サイトの「さとふる」や「ふるなび」では取り扱いがあるので大丈夫です。

 

面倒に感じるかもしれませんが、ふるさと納税は食べ物などいろいろ選べる返礼品も多くて見てるのも楽しいですよ。

せっかくの機会なので是非やり方を覚えてみてください。

 

ちなみにエアーシリーズは基本的にはネットでも店頭でも値段が変わらない商品なので、基本的にはお得に買う方法はふるさと納税の返礼品でもらうのが1番おすすめです。

 

特に「楽天ふるさと納税」と「ふるなび」はおすすめです。

楽天ふるさと納税の場合は楽天ポイントが付くのでポイントバックがありますし、ふるなびなら寄付金の金額に応じてAmazonギフト券がもらえます。

 

僕自身もふるさと納税を利用する場合はだいたいこの2つから選ぶことが多いです。

ふるさと納税だと結構お得にもらえるものも多いのでおすすめです。

 

ちなみに最近このエアーシリーズはネットで買う場合、公式の直販でしか買えなくなってきました。

公式サイトやアマゾンに西川自身が出店しているショップがこれに当てはまります。

 

以前は、いろんなネットショップで買うことができたんですけどね・・・

ブランド価値を守るためにネットの店舗に卸さなくなっているようです。

 

ネットのショップで買えればクーポンなど使ってお得に買うこともできたんですけどね。

ただ、アマゾンで買う場合はポイント利用ができるので、人によってはアマゾンで買うと少しお得に買うことができるのでチェックしてみてください。

 

 

 

西川のエアー枕のレビューのまとめ

まとめのイメージ

いろいろと枕を試してみようと思って、ふるさと納税の返礼品で頼んでみた西川のエアー3Dですが、結果的に西川らしい基本的な機能の高い良い枕でした。

 

こんな人に向いているっていうピンポイントでターゲットを絞った枕というよりは、高さと硬さがあえば誰でも使えるような万人受けするような枕です。

 

実際、使ってみて全体的な完成度は高い枕だと思いました。

ウレタンなのでムレを感じたりするのかなと思ったりもしていたのですが、そんなことは一切なく快適に使うことができました。

 

仮に友達におすすめの枕を紹介してよって言われた場合でもおすすめできるようないい枕です。

枕としての基本的な機能も高く、変に尖ったクセもないですしね。

 

普通の枕でいい枕が欲しいという人や品質の高い枕が欲しいという人はこの西川のエアーは十分おすすめできる枕です。

特殊な枕はいらないし、無難にいい枕が欲しいという人はぜひ候補に入れてほしい良い枕ですよ。

 

 

 

僕が実際に使った枕をレビューした記事を【有名寝具メーカー】実際に買って使った枕のレビューまとめ【オーダーメイドまで】という記事でまとめています。

他にも枕が気になるという人は参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク
しーさんをフォローする
スポンサーリンク
プロフィール
このブログを書いた人
しーさん

30代の寝具業界の営業マン。
睡眠環境・寝具指導士の資格あり。
寝具に疑問や不満を感じている人の手助けができればいいなと思いブログを立ち上げ情報を発信中。

しーさんをフォローする
サボログ

コメント