【不良品?】ニトリの高さ調整ができる枕を画像21枚でレビュー【実物が小さい】

ニトリの枕ってどうなんだろう?
やっぱり値段なりの枕なのかな?
ニトリで買えるおすすめの枕が知りたい・・・

 

この記事ではこんな疑問が解決できます。

睡眠環境・寝具指導士で寝具業界で営業をしているしーさん(@lipton0507)が解説します。

 

個人的にも買い物に行くことの多いニトリですが、寝具コーナーも充実しているのは知っている人も多いと思います。

正直、少し前まではニトリの寝具は値段が安い分、品質もかなり微妙でした。

 

むしろ家族や友達が買おうとしていたら止めてたぐらい微妙なものが多かったです。

羽毛布団だとニトリの羽毛布団はクリーニングすると羽毛が吹き出すことが多く、クリーニング屋からも断られていたといった話もよく聞きましたし。

 

ところが最近ではニトリも品質が上がってきているという話を聞いたので、この記事で紹介する「高さが10カ所調整できる枕(パイプ)」を買ってみました。

 

この記事ではこの枕を選んだ理由や実際に使ってみてどうだったのかを正直にレビューします。

 

先に軽く結論を書いておくと、かなり微妙な枕で個人的にはあまりおすすめしないかなといった感じです。

僕の場合は不良品だったかもしれないので事情が特殊かもしれませんが、詳しくはレビューの項目で解説します。

 

ちゃんとしていれば十分おすすめできる枕ですけどね。

 

これからニトリの枕を買おうか悩んでいる人は参考にしてみてください。

 

 

他にも有名な枕やオーダーメイドの枕なども実際に買って使った枕のレビューを【有名寝具メーカー】実際に買って使った枕のレビューまとめ【オーダーメイドまで】という記事でまとめています。

こちらもあわせて参考にしてみてください。

 

\6月4日20時から6月11日までスーパーセール開催中/
【2021年6月】楽天スーパーセールのコスパ抜群のおすすめ寝具まとめ【随時更新】
3か月に1度の頻度で開催される楽天スーパーセール。 〇〇%オフや半額セールがありますが、本当におすすめの布団や寝具はあるのかなと思って業界の人間が調べてみました。 コスパが良いものを厳選して選んでみたので参考にしてください。
スポンサーリンク

ニトリの高さが10カ所調整できる枕を選んだ理由

疑問

僕がニトリの数ある枕の中から高さが100カ所調整できる枕を選んだ理由は、名前の通り高さが調整できるから。

他にも僕の選んだ枕は中身がパイプなので、洗うことができるというのも大きな理由です。

 

他にもホテル仕様の枕や有名な枕に似た枕もありましたが、だれかにおすすめできるとしたらこれかなと思って選んでみました。

 

枕選びで1番大事なポイントはメーカーでも素材でも枕の高さが自分にあっているかというところなので、自分にあった高さに調整できるというのは大きなメリットですよ。

しかも10カ所も調整できるので、かなり細かく高さを合わせることができます。

 

すごいお手頃価格の簡易オーダーメイド枕といった感じです。

ただし、自分で調整して作り上げていかないといけないので面倒ですけどね。

 

 

ニトリの高さが10カ所調整できる枕の仕様

チェック

レビューの前にこの枕について簡単に仕様をまとめておきます。

高さは初期状態の高さなので、あくまで参考程度に考えておいてください。

 

高さが10カ所調整できる枕の仕様

サイズ:縦40㎝×横60㎝×高さ9㎝

中身の素材:ポリエチレンパイプ、首元ポリエステル、高さ調整シートはウレタン

中身の生地:ポリエステル100%

カバーの生地:ポリエステル100%

備考:高さ調整可能、1年保証、新品未使用なら14日間は返品可能

 

ちなみに実際に枕についている品質表示はこんな内容でした。

 

ニトリ枕の品質表示

 

手洗い可能なので、洗える枕としてもおすすめできますが、高さ調整シートのウレタンは洗うことができないので注意してください。

他にもパイプとはいえ、洗って乾かす場合は中のパイプまでしっかりと乾かすようにしないとカビの原因にもなったりするので気をつけてくださいね。

 

 

ニトリの高さが10カ所調整できる枕をレビュー

レビュー

実際に買って使ってみた高さが10か所調整できる枕をレビューしていきます。

最初に結論を書いておくと、正直かなり微妙な枕でおすすめできない枕かなと思いました。

 

ただ冒頭でも書いていた通り、不良品の可能性もあるので評価が難しいですが、おすすめできない理由はパッケージや品質表示に書いてあるサイズより実際のサイズがかなり小さいんですよね。

おかげで寝ていると寝返りが打ちにくく、かなり使いにくかったです。

 

サイズが記載されている通りなら、悪くない枕なんですけどね・・・

この価格と機能を考えればコスパのいい枕ですし。

 

写真を撮ったので画像をみつつ詳しく解説していきます。

 

開封・実際に入っているもの

ニトリの高さが10カ所調整できる枕は内容もシンプルで箱を開けると枕以外のものは入っていません。

説明書や保証書等も入っていません。

 

あけてみるとこんな感じで枕が入っています。

 

ニトリ枕の内容

 

高さが調整できますが、パイプの予備や追加分は同封されていないので注意してくださいね。

あとで写真ものせますが、初期状態でもかなり高めなので高さはそこまで心配しなくてもいいですよ。

 

中身もパイプなのでそこまで沈み込むこともありませんしね。

 

ちなみに袋をあけるとこんな感じです。

 

ニトリ枕の表

 

裏はこんな感じで結構光沢がある感じ。

 

ニトリ枕の裏面

 

サイドはどっちが首側かがわかるようになっているので、親切設計ですよ。

 

ニトリ枕の首元の表示

 

これは他の枕には少ないので結構ありがたい設計です。

たまにどっちが首側だっけって悩むこともありますしね。

 

次からは実際のサイズを測ってみます。

 

実物のサイズ感

箱から出した時点で、なんか小さい?と思ったので嫌な予感はしていましたが、実際に測るとやっぱりって感じでした。

 

ここが問題でたまたま僕のだけが不良品でサイズが小さいというのならいいのですが、さすがに誤差にしても大き過ぎるのでがっかりでした。

キルト製品は多少生地の伸び縮みがあるので、一般的にはプラス5%マイナス3%は誤差の範囲内ですがあまりにもかけ離れています。

 

それでも実際に使うのに問題を感じなければまだよかったのですが、使ってみて小ささを感じ寝心地に影響があったのでさすがにちょっと微妙かなと思いました。

 

それでは実際のサイズを見てみましょう。

 

ニトリ枕の横幅

 

写真を撮った角度で56㎝ぐらいには見えますが、実際目視なら54㎝ぐらいだったんですよね。

横幅は60㎝と書いてあるので誤差がマイナス6㎝もありました。

10%ぐらい小さいとさすがにどうよ?って思いますよね。

 

奥行の方も測ってみました。

 

ニトリ枕の奥行

 

こちらも写真で見ると37㎝ぐらいに見えましたが、実際は35㎝ぐらいでした。

箱や品質表示には40㎝って書いてありますけどね。

この時点で割とがっかりです。

 

初期状態での高さはこんな感じ。

 

ニトリ枕の初期状態の高さ

 

高さの方はパッケージにも品質表示にも記載がないので、どうなのかはわかりませんがこんな感じです。

ちなみに楽天の販売ページでは9㎝と書いていたのですが、どうなんでしょう?

 

中身を抜けば調整できるので、この枕に関してだけいえば高い分には問題ないですけどね。

 

ちなみに横幅や奥行に関してはどうにかならないかなと思って自分で伸ばしてみたり、枕を押してみたりはしたんですけどね。

あんまり変わらなかったです。

 

いろいろ考えた結果、このサイズ表記は側寸かなと思います。

というのも結構パンパンにパイプが入っているので、中身を抜けば大きくなるんじゃないかと思って高さ調整シートだけ抜いてみました。

 

その画像がこちら。

 

ニトリ枕の横幅(高さ調整シート抜き)

 

写真では57㎝ぐらいに見えますが、実際に目で見ると56㎝ぐらいです。

2㎝程度大きくなりました。笑

 

パイプまで全部抜いたら40㎝になりそう。笑

抜くの面倒なのでやらないですけど。

 

こんな感じで中身を入れて高さが出れば高さが出る分、全体のサイズとしては小さくなってしまうんですよね。

 

しかもサイドのマチ部分にはパイプなにも入っていないので、ただの生地ですから。

寝具以外ではニトリのお世話になってることも多いので、非常に残念です。

 

ちなみにシングルサイズのベッドに枕を置くとこんな感じのサイズ感になります。

 

ニトリ枕のサイズ感

 

枕が小さいとはいえ、これぐらいのサイズ感ではあります。

人によっては気にならないサイズですが、僕はどうにも寝返りが打ちにくくダメでした。

 

ニトリの枕の感触

高さ調整シートはウレタンですが、基本的にはパイプ枕の感触をイメージしてもらえれば大丈夫です。

 

枕の中身はこんな感じです。

 

ニトリ枕のパイプ

 

ウレタンシートはこんな感じ。

 

ニトリ枕の部分調整シート

 

上の画像が真ん中の層に入る高さ調整シートで部分調整ができます。

下の画像は全体の高さを調整するシートで一番底の層になります。

 

高さの調整方法については別の項目で解説します。

 

この3つの素材が組み合わさった寝心地になりますが、基本的には普通のパイプ枕をイメージしてもらえればOKです。

結構しっかりめの硬さの枕ですよ。

 

伝わりにくいかもしれませんが、GIFを撮ったので貼っておきます。

 

ニトリ枕の感触

 

今までパイプ枕を使ったことがある人で素材の感触に問題なく使うことができた人はこの枕も感触が気になって寝れないということはありませんよ。

 

僕が使ってみた正直な感想

値段も安く、高さ調整ができて水洗いもできるということで結構期待もしていた枕でしたが、サイズが小さすぎて寝にくく僕には合いませんでした。

 

これがたまたま不良品ならいいんですけどね。

全部がこれなら正直微妙かなと思います。

 

寝ているときの感触も僕自身パイプ枕でも平気なので、特に気になることもなく悪くなかったです。

ただ、久しぶりのパイプ枕だったので寝返りしたときのパイプが擦れる音は少し気になりましたけど、気になって寝れないということもなかったです。

 

高さ調整ができてこの値段は悪くはない選択肢だとは思います。

ただ、値段は高くなってしまいますが他にもいい枕を知っていますし持っているので、僕がレギュラーで使うことはありませんけどね。

 

枕も値段がピンキリで高くていい枕はいっぱいありますが、安くていい枕はあまりありません。

ミドルクラスの価格帯で考えれば、この枕はコスパのいい枕だと思いますよ。

ただ、サイズは気をつけておいた方がいいかもですけどね。笑

 

僕のがたまたま小さかっただけということを祈っておきます。笑

 

最後に簡単にまとめるとこんな感じです。

 

高さが10カ所調整できる枕

高さが10カ所調整できる枕
4,990円(税込み)

高さが調整できる

水洗いができる

コスパがいい

5

寝心地のよさ

6

硬さ

8

使いやすさ

6

おすすめ度

 

 

ニトリの高さが10カ所調整できる枕の高さ調整の手順

手順

枕の高さが調整ができるとはいえ、どうやって調整すればいいかわからないという人も多いと思います。

 

枕の高さの調整方法についても解説しておきます。

 

まずは自分にあった高さの調べ方ですが、ここで書くと長くなってしまうので枕の高さの選び方はコレ!自分にあう高さの簡単な判別方法と注意点【イラストで図解】という記事で詳しく解説しているので先にこちらを読んでもらうと合わせやすいです。

 

 

枕側の高さの調整方法は画像をみつつ解説します。

 

まずは枕の裏側のファスナーを開けます。

 

ニトリ枕の裏面

 

開けて一番底にセットされているウレタンの高さ調整シート(全体調整用)を取り出します。

これです。

 

ニトリ枕の高さ調整シート(全体)

 

これを抜いた時点で高さがあうのであればここで調整完了です。

もう少し低くしたい人や横向き寝が多い人は次の部分調整シートでさらに調整します。

 

ニトリ枕の部分調整シート

 

ポケットがついているのが見えると思います。

このポケットの中にもウレタンシートが入っています。

 

好みにあわせてポケットからシートを抜いてください。

横向き寝が多くサイドに高さが欲しい人は真ん中のウレタンシートを抜くのがおすすめです。

それならサイドに高さが出ますからね。

 

これで高さがあう人はここで調整終了です。

もう少し低くしたいという人はさらにパイプを抜いて調整していきます。

 

ニトリ枕のパイプ調整部分

 

パイプ部分もファスナーがついていて中身を出し入れできます。

実際にファスナーをあけるとこんな感じです。

 

ニトリ枕のパイぴ調整部分アップ

 

こんな感じで投入口が長く出てくるので、開けた瞬間にパイプがこぼれ落ちることはありません。

調整しやすい仕様なのはありがたい。

中に入っているパイプはこんな感じです。

 

ニトリ枕のパイプ

 

これを抜いて自分にあう高さまで調整して、調整した順番とは逆に戻して完成です。

 

ちなみに僕は全体の高さ調整シートを抜くだけでちょうどいい高さになりました。

全体の高さ調整シートだけを抜くと高さはこんな感じになります。

 

ニトリ枕の高さ調整後

 

約7㎝ぐらいで低く感じるかなと思いましたが、沈み込みが少ないのでこれぐらいがちょうどよかったです。

 

ちなみに初期の状態の高さがこちら。

 

ニトリ枕の初期状態の高さ

 

だいぶ低くなりましたが、自分にあっているのでこれでOK。

自分にあった高さを見つけて調整してみてくださいね。

 

 

ニトリの高さが10カ所調整できる枕は素材を選べる

三択

僕が今回選んだ中身はパイプでしたが、他にも粒わたやそばがらもあります。

お好みの寝心地の中身を選んでもらって大丈夫ですが、パイプ以外の2素材はデメリットもあるので注意してください。

 

まず粒わたでもそばがらでも洗うことはできません。

粒わたは洗えそうな感じがするのですが、洗うと高確率で粒わたが丸く固まってしまうのでおすすめしません。

ひとつひとつほぐすのはかなり面倒ですからね。

 

そばがらは耐久性もあって硬さもしっかりしていていい素材ですが、まれに虫が湧きます。

特に使わない時期など押し入れなどに収納しているとその可能性が高くなってしまいます。

 

この辺りのデメリットも含めて自分の好みにあった素材を選んでみてくださいね。

 

 

ニトリの高さが10カ所調整できる枕はこんな人におすすめ

おすすめ

ニトリの高さが10カ所調整できる枕は、既存の枕ではなかなか高さが合わないけど出来るだけ安く枕を買いたいという人や枕も洗いたいという人におすすめの枕です。

 

特に細かく高さを調整しつつ、この価格帯の枕は少ないように思います。

他にも3段階ぐらいの高さ調整ができる枕はありますけどね。

部分調整が可能な枕はそこまで多くありません。

 

高さが調整できるのでサイドの部分だけ高さを作れば横向き寝にも対応できるのもプラスポイント。

高さ調整できるのである程度万人受けするような枕になっています。

 

約5,000円でここまで機能性のある枕は少ないのでコスパ的にも魅力的ですよ。

 

それに枕も洗いたいという人にもおすすめできる枕です。

高さ調整のウレタンシートは洗えませんが、他はパイプなので洗うことができます。

洗える枕ってそこまで多くないので、ここも魅力的です。

 

特に夏場は汗をかくことも多いので洗えるというのはめっちゃありがたい機能です。

ただ、パイプの穴の部分に水がたまりやすいので乾かす時はしっかりと乾かすようにしてくださいね。

 

僕はちょっと残念な枕にあたってしまいましたけど、機能性はいいので悪くない枕ですよ。

 

 

ニトリの高さが10カ所調整できる枕をお得に買う方法

お得

ニトリの商品をお得に買う方法ですが、近くにお店がある人はお店で買うのが1番おすすめです。

ニトリの場合、店舗に行けば実物を見ることもできますし、他の商品との比較をすることもできます。

 

実際のサイズも見れますしね。笑

 

お得に買うという点でも実際に店舗で買うとなれば送料がかからないので、余分な費用がかからずに買うことができます。

 

通販で買う場合はニトリの公式、楽天市場、ヤフーショッピングで買うことができますが、どこで買っても送料が550円かかります。

合計金額で11,000円以上買う場合は送料無料になりますが、単品で買う分には送料がかかるものと考えておいてください。

 

もし近くにニトリがあるようなら店舗で買うのがいいですが、通販なら楽天の方がおすすめ。

ニトリ公式でもいいのですが、楽天の方がポイントの還元率がいいことが多いです。

頻繁にセールやキャンペーンをやっていますしね。

 

ヤフーショッピングでもペイペイのキャンペーンをやっている時ならかなりお得に買うことができるタイミングもあります。

 

お得に買うために見るべき優先順位を簡単にまとめておきます。

 

お得に買うためにチェックすべき順番
  1. 近所のお店
  2. 楽天市場
  3. ヤフーショッピング
  4. ニトリ公式
この順番に
チェック!
しーさんのおすすめアイコン

 

通販で買う場合はポイント還元率は必ずチェックしてから買うようにしましょう。

 

 

ニトリの高さが10カ所調整できる枕のレビューまとめ

まとめ

いろいろなサイトでも評判がよかったニトリの枕なので期待していたのですが、個人的には期待外れでした。

 

まぁ書いてあるのとサイズが全然違うので当たり前なんですけど。

仮に小さくても寝心地に影響を与えなかったり、快適に眠れるようなら気にしなかったのですが、寝返りが打ちにくかったので今回の枕は僕は低評価です。

 

ただ、このサイズは僕のがたまたま小さい不良品だったのか全部このサイズなのかでもおすすめ度合は変わりますけどね。

 

値段や機能性は文句なくコスパがいいなと思うので、もったいないなと思いました。

サイズが小さかったことを除いて考えれば、ミドルクラスの枕としてはおすすめの枕です。

 

他にも僕が実際に買って使ってみた枕については【有名寝具メーカー】実際に買って使った枕のレビューまとめ【オーダーメイドまで】という記事でまとめているので枕選びの参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク
しーさんをフォローする
スポンサーリンク
プロフィール
このブログを書いた人
しーさん

30代の寝具業界の営業マン。
睡眠環境・寝具指導士の資格あり。
寝具に疑問や不満を感じている人の手助けができればいいなと思いブログを立ち上げ情報を発信中。

しーさんをフォローする
サボログ

コメント