ベッドパッドの中綿の素材別の特徴とオススメを教えちゃいます!

ベッドパッドの中綿素材別のアイキャッチ おふとん

「ベッドパッドって値段もバラバラだけど何が違うのかわからない…」

「中綿の素材がいろいろあるけど、素材で何が変わるの?」

「違いがあるのはわかったけど、結局どれがオススメか教えて~」

今回はこんな疑問に答えていきたいと思います。

睡眠環境・寝具指導士で現役の寝具業界の営業マンのしーさんが解説していきます。

値段もピンキリ、素材はポリエステルからウールまで幅広くありますが何が違うのかってわからないですよね?

今回は中綿の素材の特徴と値段も考えてどれがオススメかを紹介していきたいと思います。

そもそもベッドパッドって何に使うの?コチラの記事をご覧ください。

ベッドパッドと敷きパッドって違うの?実は用途が違います!
「ベッドパッドと敷きパッドって見た目も似てるし、何が違うんだろう?」 「マットレスの上に乗せるのはどっちが先だろう?」 「そもそもベッドパッドも敷きパッドもどんな意味があるんだろう…」 今回はこんな疑問にお答えします。 ...

では早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

ベッドパッドの中綿の素材の特徴

さてベッドパッドの中綿として使われる素材は主にウール、綿、ポリエステルの3つです。

ただし3つとはいえどポリエステルでは様々な機能を施されたものもありますし、ウールもウールがもつ特徴をそのままに洗えるようにウォッシャブル性を持たせたものもあります。

このように様々な特徴のあるベッドパッドの中綿の素材ですが、基本的な特徴とそれぞれのオススメのベッドパッドを紹介していきます。

ウールのベッドパッド

ウール農場

まずウールの特徴として、保温性、吸湿性、放湿性、弾力性があります。

寝汗をよくかく人やムレ感が気になるといった人にオススメの素材になります。

その他にも弾力性にも優れているので、床つき感もなく今お使いのマットレスがへたってきている人にもオススメの素材になります。

よくウールは冬の素材と思われがちですが、そんなことはありません。

吸湿性も高く、また放湿性も高いので夏場の使用も問題ありません。

デメリットとしては他の素材のベッドパッドよりお値段が高価になりがちというところと動物性の素材になるので長期間の保管になると虫食いにあう可能性があることが挙げられます。

洗えるウール ベッドパッド シングル フランス産羊毛100%1kg入り ウォッシャブル対応 ご家庭でお洗濯可能 日本製 羊毛 ウール 消臭 ベッドパット ベットパット

created by Rinker
¥5,940 (2019/04/22 07:36:53時点 楽天市場調べ-詳細)

この商品だと洗うこともできますので特にオススメですね。

中身もシングルサイズで1㎏入っているのでへたり始めたマットレスにもバッチリですよ。

生産も日本ですので、臭いの問題が起こる可能性も低いので、そこもオススメできるポイントです。

綿のベッドパッド

綿花

綿の特徴としては保温性と吸湿性に優れていて弾力性にも優れています。

特徴はウールと似ているのですが、ウールと比べると放湿性が劣ります。

そのため、こまめに干して乾燥させてあげる必要があります。

この干して乾燥させるのをサボってしまうと湿気を吸って重たくなってしまったり、へたりも早くなってしまいます。

お値段はウールより安くポリエステルよりは高いといった感じになりますが、ポリエステルの場合は機能性加工がされているものもありますのでポリエステル綿の方が高くなることもあります。

送料無料 敷きパッド シングル 100×205cm 東京西川 水洗いキルト 敷パッド 西川 綿100% 天然素材 ひんやり マット ウォッシャブル 丸洗い ベッドパッドシングル【あす楽対応】敷パッド 敷きパット 敷パット 夏 パッドシーツ・ベッドシーツ兼用【PADPP】

created by Rinker
¥3,980 (2019/04/22 07:36:53時点 楽天市場調べ-詳細)

生地は綿100で中綿も綿が90%と高混率で0.6㎏入りということでボリュームはそこまでないように感じるかもしれませんが、へたり具合が気にならないようであればこれでも十分です。

特殊加工を施されたコットン綿で吸水性も高いのでさらにオススメできる内容になっています。

敷きパッドと表記されていますが、ベッドパッドとしても使えますので安心してください。

ポリエステルのベッドパッド

ポリエステル糸

ポリエステルの特徴は軽くて保温性もあり、弾力性にも優れています。

またホコリも出ないので非常に衛生的です。

ホコリが気になるといった人にオススメの素材で洗えるものも多いのも特徴ですね。

デメリットとしてはポリエステルは基本的には吸湿性が良くありません。

例えばの話ですが、ポリエステル100%の生地にポリエステル100%の中綿のベッドパッドを使うとムレを感じますし、静電気も起きやすいでしょう。

まぁここまではかなり極端な例ですが…

ただし先ほどまでのウールや綿などの天然素材と違い、ポリエステルには機能性加工されたものが多くあるのが大きな違いです。

人工的に作られた素材ですから天然繊維と違いポリエステルの糸に機能性を持たせたマイクロカプセルを練りこんであったり、特殊な形状の糸を作ったりといったように天然繊維では出来ないことも出来たりするのがポリエステルです。

1番多いのが抗菌防臭加工や防ダニ加工ですね。

他にも調温機能や調湿機能を持ったものもあります。

ちなみに中綿だけでなく生地にも機能性がついているものも多いのでその辺も参考にして検討されるといいですよ。

またポリエステルは家庭で洗えるものも多いので、そこもオススメできるポイントになりますね。

【あす楽】 帝人 ベッドパッド シングル ベットパット 送料無料帝人 ケミタック 抗菌防臭効果わた入り 洗える ベッドパッド シングル 100×200cm 中わた増量 通常の2倍入 ボックスシーツ 併用 敷きパッド 敷きパット 【★★】

created by Rinker
¥4,104 (2019/04/22 09:45:06時点 楽天市場調べ-詳細)

帝人の高機能わたのケミタックを使用しているベッドパッドで、機能としては抗菌・防臭加工が施されています。

もうひとつオススメするポイントは大きいサイズのものでも継ぎ目がないのが理由ですね。

敷き関係の生地は114㎝幅の生地を使うことが多いので、シングルサイズ以外のサイズでは継ぎ目が入ってしまうのですが、こちらの商品は220㎝幅の生地を使っていますので継ぎ目が入りません。

220㎝の生地って実は割高になることが多くてあまり使われないことも多いんですけどね。

大きいサイズの購入を検討されている方にオススメですね。

少し安い価格帯のものも紹介しておきます。

7サイズ展開 防ダニ 抗菌防臭 ベッドパッド シングル ウォッシャブル 洗えるベッドパット 帝人 ベットパット 敷きパット 敷きパッド A042

created by Rinker
¥2,380 (2019/04/21 14:04:29時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらも先ほど紹介したベッドパッドと同じく抗菌防臭加工が施されていますが、こちらは生地がポリエステル100%なのでムレ感はあるかもしれませんね。

こちらのベッドパッドをお使いになられる場合はシーツもあわせて使うことを強くオススメします。

ベッドパッドの中綿の素材の特徴についてまとめ

中綿の特徴については説明した通りですが、下で簡単にまとめておきます。

  • ウール…保温性、吸湿性、弾力性に優れているが保管時に虫喰いに注意。
  • 綿…ウールと同じ特徴だが放湿性がやや劣り、乾燥させないと重くなりへたりも早くなる。
  • ポリエステル…軽量、保温性、弾力性に優れホコリが出ないので衛生的。機能性加工がされているものも多く洗えるものも多い。吸湿性がないのがデメリット。

お値段としては基本的には下の通りになります。

  • ウール…高価
  • 綿…中間の価格
  • ポリエステル…安価

ポリエステルの綿には機能性加工が施されているものも多くあるのでモノによっては値段が高くなります。

個人的には天然素材で機能的にも文句なしのウールがオススメですが、お値段も高いのご家庭でも洗える値段的にも安価なポリエステル素材をオススメします。

それに家庭で洗えるものが多く、値段も安いので気軽に買い替えも出来ますしね。

長期に渡って使う場合やマットレスのへたりが強い場合は弾力性もあり床つき感の少ないウールのベッドパッドがオススメです。

じゃ今回はここまで!

ほな、また!

コメント