【2020年版】西川の洗えるダウンケットのおすすめ3選!【わかりやすく解説】

西川の洗えるダウンケットEC肌掛け(ダウンケット)
今年はダウンケットを買おうかな・・・
西川のダウンケットもいろいろあるけど種類が多くて選べない・・・
結局どのダウンケットがおすすめなの?

 

この記事ではこんな悩みにお答えします。

 

睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業のしーさん(@lipton0507)が解説します。

 

老舗メーカーである西川のダウンケットを買おうと思ってもいろいろ種類があってなかな選べませんよね。

知らない人から見れば何が違っててどれを選べばいいかわからない・・・

 

この記事では品質を重視しつつもコスパがいいものを厳選して紹介します。

ただ紹介するだけでなく、なぜおすすめなのかも解説するのでダウンケット選びに悩んだときに参考にしてみてください。

 

その前にそもそもダウンケットとどうやって選べばいいのと思った人は先にダウンケット の選び方!値段が変わると何が変わるか知ってますか?【プロが解説】という記事を参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

西川の洗えるダウンケットのおすすめ3選

グッド

西川のダウンケットもネットでも店頭でも数多く販売されています。

その中でもコスパのいいもの3つ紹介しつつ解説します。

実際に買えるものを例に挙げて解説するのでわかりやすいですよ。

 

参考にしつつも他のダウンケットや羽毛肌掛け布団が気になればそちらを買ってもいいですしね。

ダウンケットを選ぶときに注目するポイントは大きく分けて3つです。

 

選ぶ時に注目するポイント
  • 羽毛のダウン率
  • 生地の素材
  • 生産国
ここに注目!
しーさんのおすすめアイコン

 

この3つが同じだと柄や売っているお店が違っても品質はほぼ同じですよ。

それでは解説していきます。

 

西川のおすすめの安いダウンケット

 

西川のおすすめのダウンケットで1番安いものがコチラ。

2020年4月時点でのお値段がシングルサイズで6,050円。

 

他にももっと安いダウンケットはあったりもしますが、安いものだと羽毛のダウン率が50%と質があまりよくありません。

ダウン率が50%のランクのダウンケットだとフェザーの芯がチクチクしたりゴワゴワしているように感じます。

生地もポリエステル100%だったりするので蒸れやすいですしね。

もっと安いものがいいのであれば、あえて西川である必要もないかなと思います。

 

簡単にどんなダウンケットなのかまとめておきます。

 

このダウンケットの仕様

生地:ポリエステル85% 綿15%

羽毛:ホワイトダックダウン70% フェザー30%

充填量:300g

総重量:約1,020g

サイズ:150×210㎝

キルト:30マスのタタキキルト

生産国:中国

備考:サニタイズ加工(抗菌・防臭加工)

 

羽毛の産地は書いていなかったのでおそらくは中国産かなと思います。

ただ、羽毛の産地はもう今はそこまで気にしなくてもいいです。

中国の羽毛の洗浄技術も上がってきていますし。

 

ダウン率が70%あるので、そこまでチクチクしたりゴワゴワしたりすることもありません。

やっぱり最低でもこれぐらいのダウン率のものを選ぶ方が後悔しませんよ。

値段を優先して品質の悪いものを買って後悔するのは誰でも嫌ですからね。

 

それにこのダウンケットの羽毛にはサニタイズ加工という抗菌・防臭加工がされています。

本来であれば基本的に羽毛製品の中国製は臭いの問題もあり、おすすめしないのですがサニタイズ加工をしてあるのでギリギリいけるかなと。

コスパの部分も考えて中国製も候補に入れました。

 

生地も綿が15%ですが入っているのでポリエステル100%のものと比較した場合、蒸れにくいです。

最低でも生地はこのランクを選ぶのをおすすめします。

せっかく羽毛がよくても生地がポリエステル100%だと寝ていて不快ですしね。

 

とはいえ、西川のダウンケットでこの価格でこの品質であればコスパはいいですよ。

西川のダウンケットで安いものが欲しいという人にはこれがおすすめです。

 

 

西川のコスパ抜群のダウンケット

 

この記事で紹介するダウンケットの中ではこれが1番コスパがいいです。

2020年4月時点での価格は7,999円と先ほどよりは2,000円近く高いですが、それでもこのダウンケットはおすすめですよ。

5月から9月まで使う場合だと安いダウンケットと比較しても差額は1日あたり13円なので、そう考えると寝心地がいい方がよくないですか?

これは買いです。

 

おすすめする理由を解説する前に先に仕様をまとめます。

 

このダウンケットの仕様

生地:ポリエステル85% 綿15%(抗菌・防臭加工)

羽毛:ホワイトダックダウン85% フェザー15%

充填量:300g

総重量:約1,100g

サイズ:150×210㎝

キルト:30マスのタタキキルト

生産国:中国

備考:羽毛にサニタイズ加工(抗菌・防臭加工)

 

先ほどの安いダウンケットと比べて、変わったところは主に3つ。

生地にも抗菌・防臭加工がされているところと羽毛のダウン率が85%に上がったこと、ダウンケットの外周部分にパイピングがされていることがおすすめポイントです。

 

生地にも抗菌・防臭加工がされたことによって夏場の汗をかく時期でも菌が増えにくく臭いが発生しにくくなります。

先ほどと同じで羽毛にも抗菌・防臭加工がされているのでダブルで抗菌してくれるのは嬉しいポイントです。

 

羽毛のダウン率も85%になっているので、フェザーのチクチクした感触やゴワゴワした感触はほとんど気にならないレベルですよ。

 

このランクからチクチク感やゴワゴワ感はなくなりますよ!

 

ちょっと極端な比較で同じ条件じゃないですが、ボリューム感も全然違います。

これに関しては画像を見るとわかりやすいです。

 

ダウンのふくらみ比較

こだわり安眠館様から引用

 

注意して欲しいのが左のダウンケットの充填量は250gなのに対して右は300gなので厳密に同じ条件ではないのですがイメージとしてはこんな感じでふくらみに差がでます。

布団がふくらむと空気の層ができて暖められるので、エアコンの風が寒いと感じる人にもおすすめですよ。

 

最後に目立たない部分ですが、地味に大事な要素が外周部分にパイピング加工がされていることですね。

パイピングをすることによって見た目が綺麗になり、耐久性が上がります。

 

ダウンケットって何回も洗っていると外周部分がシワになったり、ほつれてきたりと傷んできます。

このパイピング加工をしていると耐久性が上がって長持ちします。

長く使うことを考えているのであればこの加工はおすすめですよ。

あと原価の話をちょっとだけ話をするとこのパイピング加工をすると結構コストが上がります。

それでいてこの価格なので、コスパ的にもおすすめできますよ。

 

このダウンケットはそれなりに品質のいいものをできるだけ安く買いたいといった人やチクチク感やゴワゴワ感が苦手、エアコンの風が寒いと感じる人におすすめです。

 

 

品質にもこだわった西川のダウンケットのおすすめ

 

最後は品質にもこだわったおすすめのダウンケットを紹介します。

2020年4月時点での値段は12,800円とダウンケットの中では比較的高めですが、このランクになると違いが大きいです。

このダウンケットの仕様をまとめてから解説をします。

 

このダウンケットの仕様

生地:綿100%(トレハクール使用)

羽毛:フランス産シルバーダックダウン90% フェザー10%

充填量:250g

総重量:約1,350g

サイズ:150×210㎝

キルト:30マスのタタキキルト

生産国:日本

備考:羽毛にサニタイズ加工(抗菌・防臭加工)

 

このダウンケットでは生地が綿100%になったことで吸湿性がかなりアップし、ムレ感を軽減してくれます。

トレハクールという涼感加工を採用したことによって保水性がアップ。

綿の熱伝導性をより高め、さわやかな寝心地になります。

綿の吸湿性と涼感加工のダブルで夜中の不快な蒸れを大幅に軽減してくれますよ。

 

羽毛もダウン率が90%ということでチクチク感はほぼ感じれないレベルです。

何気に気になるチクチク感やゴワゴワ感の苦手な人も安心して使えます。

 

産地も先ほどまでのダウンケットでは書いていなかったのが、このダウンケットではフランス産と明記されています。

産地はそこまで重要ではないというのが個人的な意見ですが、中国産はちょっと・・・と思う人はこのダウンケットはコスパもいいのでおすすめです。

 

この記事で紹介しているダウンケットの中では唯一の日本製のダウンケットで臭いのトラブルの発生率も低いですよ。

日本で生産、検品をしているとかなりの確率で臭いものは取り除かれます。

中国製などであるコンテナでの輸送途中に発生する臭いの問題もありませんしね。

臭いに対して敏感だと思う人もこのダウンケットなら安心ですよ。

 

ダウンケットのような肌掛け布団でも品質のいいものを使いたい人や肌にあたるものは綿がいいという人、できるだけ快適に眠りたいという人にはこのダウンケットがおすすめです。

 

 

西川のおすすめのダウンケットのまとめ

まとめイメージ

この記事では2020年の西川のおすすめのダウンケットについて解説しました。

 

西川は品質基準は厳しいですし、初期不良があったとしても対応はいいので安心感があります。

その分、少し値段が高いと感じるかもしれませんがせっかく買うのに失敗したくないという人にはおすすめの寝具メーカーですよ。

自分だけで使うのでなく、親世代には西川の認知度は結構あるのでギフトにもおすすめできますよ。

母の日のプレゼントにもありです。

 

とはいえ、西川のダウンケットにこだわる気はないという人は【2020年版】通販で買える日本製の洗えるダウンケットのおすすめ3選!【コスパ重視です】という記事で日本製のおすすめのダウンケットについて解説した記事があるので参考にしてみてください。

 

 

肌掛け(ダウンケット)
スポンサーリンク
しーさんをフォローする
スポンサーリンク
プロフィール
このブログを書いた人
しーさん

30代の寝具業界の営業マン。
睡眠環境・寝具指導士の資格あり。
寝具に疑問や不満を感じている人の手助けができればいいなと思いブログを立ち上げ情報を発信中。

しーさんをフォローする
サボログ

コメント