【特徴も解説】プレミアムゴールドラベルのおすすめの羽毛布団3選!【最高ランクの暖かさ】

プレミアムゴールドラベルのおすすめの羽毛布団のアイキャッチ 羽毛布団
スポンサーリンク

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

プレミアムゴールドラベルって本当に良いもの?
プレミアムゴールドラベルの特徴が知りたい。
最高ランクのおすすめの羽毛布団が欲しい!

 

この記事ではこんな疑問が解決できます。

睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業マンであるしーさんが解説します。

 

ゴールドラベルが付いている羽毛布団が高品質で安心って聞いたけど、どんなものだろう?どう良いのか気になったあなたが検索してこの記事を読んでくれていると思います。

 

そこでこの記事では、ゴールドラベルの中でも最高クラスのプレミアムゴールドラベルの特徴と最高クラスの羽毛を使用している最高品質の羽毛布団を厳選して紹介します。

 

いつもはより多くの人に羽毛布団を使ってもらいたいと考えているので、コスパ重視で紹介することが多いのですが、この記事では品質重視で紹介します。

 

暖かい羽毛布団で眠りたいという人や寝具にこだわって快眠したいという人はぜひこの記事を参考にしてください。

 

スポンサーリンク

プレミアムゴールドラベルの特徴

使い方イメージ

ゴールドラベルの中でも最高ランクであるプレミアムゴールドラベルの特徴を解説します。

 

まず抑えておきたいプレミアムゴールドラベルが保証してくれる羽毛の特徴をまとめると下の通り。

プレミアムゴールドラベルの特徴
  • 羽毛のふくらみを表すダウンパワーが440以上
  • 羽毛のダウン率が93%以上
  • 羽毛の清浄度が1,000mm以上
  • 酸素係数4.8mg以下
  • 日本製の羽毛布団であることを保証
特徴は5つ
しーさんのおすすめアイコン

と、簡単にまとめるとこんな感じ。

 

とはいえ、こんな説明ではわかりにくいと思うので、噛みくだいて解説します。

 

まず羽毛のふくらみを表すダウンパワーですが、これは羽毛布団の暖かさに影響を与える部分だと思ってもらえればOK。

一般的に販売されている羽毛布団では下は300ぐらいのものから500ぐらいまでのものがありますが、440以上であればほぼ最高クラスです。

 

実際に500なんて数値のものはほとんど一般販売されていません。

百貨店の外商や催事販売で見かけるかもといったレベルです。

 

ちなみに個人的に感想にもなってしまいますが、僕の体感ではダウンパワーが400のロイヤルゴールドラベルであれば暖かい寝室やあったか系の敷きパッドと併用すれば羽毛布団1枚で寝れるかなといったイメージ。

 

この記事で紹介するプレミアムゴールドラベルのダウンパワー440以上であれば、よほどの寒がりや寒い寝室でない限りは1枚でも十分暖かく寝ることができます。

 

次は羽毛のダウン率ですが、これはふわふわとした羽毛のダウンと呼ばれる部分とフェザーと呼ばれる羽根の部分の比率になります。

 

ダウン率が高いと羽毛布団を触ったときにお布団がふわふわ、ふかふかします。

逆にフェザーの割合が高い羽毛布団だと触ったときにお布団がゴワゴワ、チクチクしたような感触になります。

 

個人的にはダウン率が90%以上であればそこまで気にすることはないのですが、プレミアムゴールドラベルの羽毛布団であれば93%以上のダウン率が保証されているので、寝心地が良くなります。

 

清浄度と酸素計数については簡単に解説します。

この2つの項目は羽毛の臭いに影響を与える要素です。

 

清浄度はホコリや臭いの原因になる塵などが多くないかを測る数値で、羽毛を洗った後の水で測定します。

この数値は数字が大きいほどキレイな羽毛と考えてください。

 

清浄度の数値は一般的に販売されている羽毛布団であれば500~2,000mgの間のものがほとんどです。

1,000mgとか1,500mgのものがほとんどだと思ってもらってOK。

 

同じく羽毛の臭いに影響を与える酸素計数ですが、こちらは臭いの原因となる有機物残留物が多くないかという数値になります。

この数値は小さいほど良いです。

 

この酸素計数の数値は全てのゴールドラベルの共通の基準で4.8mg以下で統一されています。

 

この清浄度と酸素計数の数値はそれぞれ基準値以上であれば、ほとんどの人は臭いを感じることはありません。

ほとんどと書いたのは臭いの感じ方って人それぞれ違うので、どれだけ数値で表してもあくまで参考にしかならないと思います。

 

この臭いの部分に関しては数値よりも口コミなどを読む方が個人的には参考になるかなと思います。

羽毛の臭いが気になるという人は実店舗の場合は臭いを実際にかいでみたり、ネットなど通販で購入する場合は事前に口コミをしっかり読んでおくことが大事です。

 

こんな感じで嚙みくだいて説明すると僕個人の主観が結構入ってますが、まぁ実際こんな感じです。

割と本音で書いたので参考にしてください。

 

他のラベルについても知りたいという人は高級な羽毛布団についているラベルは信用できるのか?ゴールドラベルとCILラベルの違いを解説!という記事でラベルについて解説しているのであわせてご覧ください。

 

 

プレミアムゴールドラベルの羽毛布団のおすすめ3選

おすすめ

プレミアムゴールドラベルが付いてくる羽毛布団のおすすめを3つ紹介します。

 

基本的に西川や昭和西川などの羽毛布団にはゴールドラベルはつかないので、有名寝具メーカー以外からの羽毛布団の紹介になります。

 

有名寝具メーカー以外でも羽毛の品質はゴールドラベルで保証されていますし、信用できるお店のものをピックアップしているので安心してくださいね。

 

それでは紹介していきます。

 

洗える 羽毛布団 グース93% 1.1kg 440dp

最初におすすめするのがプレミアムゴールドラベル付きの洗える羽毛布団の「洗える 羽毛布団 グース93% 1.1kg 440dp」です。

お値段は32,800円でプレミアムゴールドラベルクラスではかなり安い方で機能性を考えると最高コスパです。

 

プレミアムゴールドラベルが付いている羽毛布団で業界で働く僕が安心しておすすめできる羽毛布団の中では1番安いので、予算が少ない人にもおすすめできます。

 

それではこの羽毛布団のスペックをまとめます。

 

商品の仕様
  • 側生地:ポリエステル85% 綿15%
  • キルト:4×5マス立体キルト
  • 羽 毛:グースダウン93% フェザー7% DP440
  • 充填量:1.1㎏
  • サイズ:150×210㎝(シングルロング)
  • 総重量:約1.95㎏
  • 生産国:日本製
  • 備 考:プレミアムゴールドラベル付属、コインランドリーで洗える、抗菌防臭加工、防ダニ加工(ダニシャット)、静電気防止加工、吸水速乾機能、ダイヤモンド起毛加工

 

羽毛の生地は綿100%ではありませんが、この羽毛布団は特殊なポリエステルの糸を使うことによってコインランドリーで洗うことができるのが最大の特徴です。

 

洗えるだけでなく抗菌防臭加工や従来のポリエステルの生地を使用した羽毛布団にありがちなツルツル、シャカシャカした肌触りではなく、ダイヤモンド起毛と呼ばれる起毛加工が施されているので肌触りも悪くありません。

 

中身の羽毛に関しては記載がないのでほぼ中国産か台湾の羽毛を使っていると思うのですが、羽毛の品質自体はゴールドラベルで保証されているので安心しても大丈夫です。

 

産地は羽毛の品質に大きな影響は与えないので、気にしなくて大丈夫ですが、このクラスになると有名な羽毛の産地のものがいいという人は他の産地の羽毛布団を選ぶのもありです。

 

デメリットはあまりない羽毛布団で、あえて考えるなら綿100%ではないのでムレるかもしれないという点と羽毛の産地がおそらく中国産という点ぐらい。

 

とはいえ、この羽毛ふとんは特殊なポリエステル糸を使っているので、吸湿性も従来のポリエステルの糸と比較してもムレ感は軽減されているので問題なさそうです。

 

羽毛の産地も記載がないので中国産だとは思うのですが、それも羽毛の品質と値段を考えれば全然問題なしです。

これがハンガリー産やポーランド産の羽毛を使えば値段は2万円以上変わってきますしね。

 

口コミも読んでみましたが、臭いについては全く問題なさそうですし安心しておすすめできる良い羽毛布団です。

 

綿100%のお布団や羽毛の産地にこだわりはないよという人には間違いなくおすすめ。

プレミアムゴールドラベルの羽毛布団を探している人にはこの羽毛布団が圧倒的にこれがおすすめです。

 

ちなみにこちらの羽毛布団は購入後レビューを投稿すると日本製の綿100%の掛け布団カバーがもらえます。

そこまで考えるとかなりお得です。

いつ終わるかわからないキャンペーンなので、買うなら早めにしておいた方がいいですよ。

 

 

ハンガリー産ホワイトグース95% 綿100% 80サテン 羽毛布団

次にプレミアムゴールドラベル付きの羽毛布団でおすすめするのがこの「ハンガリー産ホワイトグースダウン95% 綿100% 80サテン 羽毛布団」です。

お値段は56,480円ですが、まだ専門店に行って買うことを考えれば比較的安く買えます。

 

この羽毛ふとんは生地は綿100%にこだわりたいという人やせっかく高い羽毛布団を買うのであれば産地にもこだわりたいという人におすすめです。

 

そんな「ハンガリー産ホワイトグースダウン95% 綿100% 80サテン 羽毛布団」のスペックをまとめます。

 

商品の仕様
  • 側生地:綿100% 80サテン
  • キルト:二層キルト
  • 羽 毛:ハンガリー産ホワイトグースダウン95% フェザー5% DP440
  • 充填量:1.3㎏
  • サイズ:150×210㎝(シングルロング)
  • 生産国:日本製
  • 備 考:プレミアムゴールドラベル・グッドふとんマーク付属、羽毛に抗菌・除菌・防臭・防ダニ・防カビ加工、3年保証

 

先ほどの「洗える 羽毛布団 グース93% 1.1kg 440dp」と違い、この羽毛布団は生地が綿100%の80サテンになり、キルティングが二層キルトに変更になっていること、羽毛の産地がハンガリー産と明記され充填量が1.3㎏になっていることが大きな違いです。

 

生地が綿100%に変更されたことで吸湿性が大幅にアップしているので、寝ているときのムレ感を軽減してくれます。

これは目に見えない部分ですが、寝心地に影響を与えるので実は大事な要素です。

 

それに綿の中でもしなやかな80サテンと呼ばれる高級生地を使っているので肌触りも良く、寝ているときも体にフィットしやすくなります。

 

生地という部分でもクオリティは高いので十分におすすめできる内容です。

 

さらに保温性を高めるためにキルティングも二層キルトを採用しているので、熱を逃がしにくい仕様になっています。

イメージとしてはこんな感じです。

二層式図解

羽毛の品質という部分ではプレミアムゴールドラベルで品質が担保されているので、暖かさという部分であまり書くことはないのですが、この羽毛布団にはプレミアムクラスの羽毛が1.3㎏も入っています。

 

これだけの量が入っていると暖かいを通り越して暑く感じるかもしれませんし、お布団のもこもこ具合がやばいです。

 

このランクの羽毛がこれだけ入っていると寒がりな人や寒い部屋で寝ている人でも1枚でも寝ることができますよ。

 

羽毛の産地もハンガリーなので羽毛の名産地ですので格も問題なしです。

 

暖かく眠りたいという人には間違いなくおすすめできる羽毛布団なので、寒がりな人にはおすすめの1枚です。

 

最高級羽毛布団 二層式《80サテン超長綿100%》シングル ハンガリー産ホワイトマザーグースダウン95% (440dp以上) 羽毛量1.3kg 【6つ星プレミアムゴールド取得】【グッドふとんマーク取得】

 

純日本製羽毛掛け布団 「和雲」 プレミアムモデル

最後におすすめするのが僕も今使っている純日本製羽毛掛け布団「和雲」プレミアムモデルです。

お値段はこの記事で紹介する中でも最高クラスの217,800円です。

 

最高クラスの品質の羽毛布団が欲しいという人におすすめの羽毛布団です。

 

それではスペックをまとめておきます。

 

プレミアムモデル本掛け羽毛布団の仕様

生 地:綿100%(インド超長綿100%100番手平織)

羽 毛:ポーランド産マザーグース95% フェザー5% 440dp

充填量:1.0㎏

サイズ:150×210㎝

キルト:20マスの立体キルト

生産国:日本製

備 考:Down Breathe生地使用、プレミアムゴールドラベル、専用ハードケース付き、60日間お試し可能

 

この純日本製羽毛掛け布団「和雲」プレミアムモデルですが、一般的には販売されていません。

ネット通販のみでの販売になります。

 

使われている生地も綿100%の極細の糸を使って織られており、サテンと違い平織なのでかなり軽いお布団です。

 

綿花の産地もインド綿なので、寝具の生地によく使われる新疆綿やスーピマなどのピマ綿よりも光沢があり、肌触りが良いのが特徴です。

一般的な綿100%の生地よりも値段もかなり高いですしね。

 

何よりもこの生地の特徴は軽さが特徴で、綿100%でよく使われる60番手サテンよりも生地自体の重さは3分の2程度になっています。

 

さらにDown Breathe生地と呼ばれるノンダウンプルーフ生地を使用しているので、通常の生地よりもさらに柔らかく肌触りがよくなっています。

 

使われている羽毛も産地としては最上位の格を持つポーランド産のホワイトグースを使用しているので問題なしです。

 

羽毛の量が1.0㎏とこの記事で紹介している羽毛布団の中では1番少なくて不安になるかもしれませんが、このランクの羽毛であれば1.0㎏でも十分ふくらみますし、暖かく眠れますよ。

 

僕自身、大阪に住んでいますが、この記事を書いている1月でもこのお布団1枚で全く寒さを感じずに寝ることができています。

 

値段が高いのがネックだという人や品質面が不安と思う人にも安心な60日間のお試しもあるので、使っていてイメージと違ったという人にも安心できるサービスもありますしね。

 

モノもいいですし、サービスもいいので本当におすすめです。

 

値段は気にしないから本当に良いお布団で眠りたいという人にはこの純日本製羽毛掛け布団「和雲」プレミアムモデルはおすすめです。

 

このお布団に関しては詳しく知りたいという人は【レビュー】高級羽毛布団の和雲は本当に値段に見合った価値はあるのか?【軽量で暖かい】という記事で詳しくレビューしているので、そちらを参考にしてください。

 

\60日間お試し寝ができる/

 

プレミアムゴールドラベルの羽毛布団のおすすめのまとめ

まとめ

ゴールドラベルの中でも最上位のランクであるプレミアムゴールドラベルの特徴とおすすめの羽毛布団を紹介しました。

 

気になった人は気になったと思いますが、西川や昭和西川の羽毛布団はほとんどゴールドラベルは付きません。

 

これは大手寝具メーカーの場合、自社基準が明確に設けられており自社基準の方が厳しく自信があるので、ゴールドラベルを付けていないといった理由だったと思います。

これに関しては前に聞いたことがあるのですが、ちょっとうろ覚えなので参考までに見ておいてもらえればと思います。

 

個人的には消費者目線で考えた場合、第三者機関を通した方が信頼性は上がるのでいいとは思うのですけどね。

もちろん、西川の羽毛も公的検査機関に出してデータは揃えていますけどね。

 

とはいえ、このランクの羽毛布団であれば、変なものを買って失敗したくないと思うので、ゴールドラベルがついている羽毛布団の方が安心ですしね。

 

プレミアムゴールドラベルがついている羽毛ふとんは羽毛の品質と日本製の羽毛布団であることが担保されていますし。

 

質の高い羽毛布団が欲しい人という人はぜひこのクラスの羽毛布団から選んでみてください。

 

他にも毎年品質よりもコスパの高い羽毛布団を重視してランキング形式で紹介しています。

詳しくは【2021年】羽毛布団のコスパ抜群おすすめ人気ランキング10選【寝具業界の人間が選んでみた】という記事をご覧ください。

 

 

羽毛布団
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
しーさんをフォローする
スポンサーリンク
プロフィール
このブログを書いた人
しーさん

30代の寝具業界の営業マン。
睡眠環境・寝具指導士の資格あり。
寝具に疑問や不満を感じている人の手助けができればいいなと思いブログを立ち上げ情報を発信中。

しーさんをフォローする
サボログ

コメント