【やっと出た】コインランドリーで洗える羽毛布団のおすすめ3選!【クリーニングいらず】

コインランドリーで洗える羽毛布団アイキャッチ羽毛布団
羽毛布団って洗えないものが多いけど、洗えるものはないの?
せめてコインランドリーで洗える羽毛布団があったら知りたい・・・
羽毛布団が欲しいけど、洗えないならちょっと微妙かも・・・

 

この記事ではこんな疑問を解決します。

睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業のしーさん(@lipton0507)が解説します。

 

寒くなってきたときに大活躍の羽毛布団ですが、洗えないものがほとんどって知っていましたか?

夏場に使う羽毛肌掛け布団やダウンケットは洗えるものがほとんどですけど、冬に使う本掛け羽毛布団は基本的に洗えないと思っておいた方がいいです。

 

この記事では最近販売されるようになってきた洗える羽毛布団について解説していきます。

洗えるといっても家庭の小さい洗濯機よりコインランドリーのような大型の洗濯機で洗う方がいいですけどね。

 

そもそも今までの羽毛布団はなぜ洗ってはいけないのかということや洗える羽毛布団をおすすめする理由も簡単に解説しつつ、洗える羽毛布団を解説していきます。

 

スポンサーリンク

そもそも羽毛布団は何故洗ってはいけないのか?

悩みのイメージ

そもそも羽毛布団は何故洗ってはいけないのと疑問に思う人も多くいると思います。

羽毛布団を洗ってはいけない理由は主に2つあります。

 

羽毛布団を洗ってはいけない2つの理由
  • 羽毛が吹き出す可能性がある
  • 布団が縮んでしまう可能性がある
洗うとこうなる
しーさんの驚き顔

 

今までの羽毛布団が洗えないといわれている理由は大きく分けるとこの2つです。

特に何の加工もされていない綿100%の生地の場合だと上のような状態になる可能性が高くなります。

 

羽毛布団は洗うことによって生地の目が開いてしまい、羽毛が吹き出してきてしまうことがあります。

一度吹き出してしまうとそこから羽毛がどんどん出てくることになります。

そうなってしまうとその羽毛布団はもう使えません。

 

羽毛が吹き出すと掃除も大変です・・・

 

もうひとつは羽毛布団が縮む可能性があることも覚えておいてください。

生地は洗うと基本的に縮みます。

 

普段着ている服でも同じで、洗うと縮んでしまうことってありますよね。

あれと同じで羽毛布団も縮んでしまいます。

 

たしかに縮んだ経験がある・・・

 

どれぐらい縮むかは生地の素材やキルティングでも変わる部分なので一概には言えませんが、綿100%の生地だと5%ぐらい縮むことはザラにあります。

 

5%ぐらい気にしないと思うかもしれませんが、羽毛布団の丈の長さは210㎝あるので5%縮むと10㎝程度縮むことになります。

10㎝って冷静に考えれば結構縮んでいますよね。

 

私はそこまで身長もないからそれぐらい縮んでも大丈夫だと思うけど・・・

 

横幅はシングルサイズの羽毛布団で150㎝なので5%縮むと7.5㎝も縮むことになります。

特に横幅は寝返りするときに背中が出やすくなったり、布団が持ち上がってしまうので寒く感じてしまうことになります。

それではせっかく買った羽毛布団の意味がなくなってしまいますよね。

 

たしかに寒い思いをするなら羽毛布団を使う意味がないわ・・・

 

こんなことにならない為にも羽毛布団は洗ってはいけません!

 

洗えない羽毛布団をどうしても洗いたいというのであれば、自分で洗うのではなくクリーニングに出すことをおすすめします。

実際に僕も羽毛布団はクリーニングに出してます。

 

羽毛布団のクリーニングについては【2020年】羽毛布団の宅配クリーニングのまとめ!【頻度や料金相場までまるごと解説】という記事でまとめているので気になる人はあわせてご覧ください。

 

洗える羽毛布団を買うことのメリット

ポイント

羽毛布団を洗ってはいけない理由についてはわかったと思いますが、逆に洗える羽毛布団を買うことのメリットも簡単に解説します。

 

洗える羽毛布団を買うことで得られるメリットは3つ。

 

洗える羽毛布団を買うメリット
  • 洗うことで清潔で衛生的に使える
  • 羽毛布団のふくらみが回復する
  • クリーニングに出すよりコスパがいい
メリットは3つ
しーさんのおすすめアイコン

 

1つ目は当たり前かもしれませんが、洗うことで清潔で衛生的に使えます。

汚れや臭いを落とすことはもちろん、ダニ対策にもなります。

アレルギーの原因になるダニの糞や死骸も洗い落とすことができますよ。

 

2つ目は羽毛布団は洗うことでふくらみが回復します。

羽毛についた汚れや湿気が落ちるのでふくらみやすくなるんですよね。

ふくらみが回復すると空気を含みやすくなるので暖かく寝ることができますよ。

 

具体的にどれくらい変わるのかというのは羽毛布団を宅配クリーニングのフレスコで洗った感想を写真付きで解説!【評判や口コミも】という記事で実際に羽毛布団を洗う前と洗った後を比較した写真があるので参考にしてみてください。

 

3つ目はクリーニングに出すよりコスパがいいこと。

これも結構大きなメリットで羽毛布団をクリーニングに出すと8,000円以上かかることなんてザラにあります。

自分で持ち込むクリーニングでも3,000円ぐらいはかかります。

 

ただ洗える羽毛布団を買うことでコインランドリーで洗えるようになると、コインランドリーだと1回あたり700円ぐらいで済みます。

これだと羽毛布団を洗うハードルがぐっと下がりますよね。

毎シーズン洗うことが現実的になりますし、経済的な負担も大きく減ります。

 

キレイ好きな人はもちろん、もし汚れてしまったり臭いが気になった時でも簡単に洗うことができるので洗える羽毛布団はおすすめですよ。

 

洗える羽毛布団のおすすめ3選

洗濯物を干している画像

実際に洗える羽毛布団のおすすめを紹介しつつ解説します。

羽毛布団が洗えることのメリットについては解説してきましたが、羽毛布団の性能について詳しく解説するので、選ぶときの参考にしてみてください。

 

ホワイトダックダウン90% 多機能かつ高機能なコインランドリーで洗える羽毛布団

値段もお手頃でおすすめなのが「洗える羽毛布団 ホワイトダック90% 1.2kg」です。

洗える羽毛布団ってどんなものなのか興味がある人におすすめの羽毛布団です。

2021年9月時点での値段は16,800円です。

 

この羽毛布団の仕様についてまとめます。

商品の仕様
  • 側生地:ポリエステル85% 綿15%
  • キルト:4×5マス立体キルト
  • 羽 毛:ホワイトダックダウン90% フェザー10% DP350
  • 充填量:1.2㎏
  • サイズ:150×210㎝(シングルロング)
  • 総重量:約2.05㎏
  • 生産国:日本製
  • 備 考:コインランドリー洗い対応、ダニシャット加工、抗菌防臭加工、静電気防止加工、吸水速乾加工、ダイヤモンド起毛加工、不織布バッグ付き

生地自体はよくあるポリエステル混の生地ですが、コインランドリー洗いに対応していて多機能なのがおすすめポイント。

 

生地にはダニシャット加工がされているので、ダニが布団の中に入らないように加工されています。

ただこのダニシャット加工はダニを寄せ付けない忌避効果はないので注意してください。

 

抗菌防臭加工が施されているので、生地の上で雑菌が繁殖しにくく臭いの発生が抑えられるのも嬉しいポイント。

 

静電気防止加工も施されているので冬場に多い静電気のパチパチも抑えられるので、地味に嬉しいです。

ポリエステル系の布団カバーを使っている人だったらわかる人もいるかもしれませんが、カバーを外す時にパチパチしたりしませんか?

 

あれ本当に嫌ですよね・・・

完全に静電気を無くすことはできないのですが、この羽毛布団に使われている生地であればある程度軽減はできますよ。

 

他にも普通はポリエステルが多く入っている生地の肌触りはシャカシャカとした感じになりがちですが、この羽毛布団はダイヤモンド起毛加工が施されているので肌触りはかなり改善されています。

 

これは業界にいてるからこそわかる部分かもしれませんが、普通のポリエステル85%綿15%の生地よりもダイヤモンド起毛加工がしている生地の方が明らかに肌触りは良いですよ。

僕の個人的な感覚ですが、シャカシャカというよりはしっとりとしたイメージです。

 

地味な部分ですが、結構おすすめです。

 

羽毛に関してはホワイトダックダウン90%の350DP(ダウンパワー)なので、ダウンパワーは少し物足りない部分があります。

ただ、それを補うために充填量が1.2kg入っているので、暖かさという面でも及第点かなと思います。

 

どちらかというと羽毛布団の生地の機能性の部分に全振りした羽毛布団というイメージですかね。

羽毛布団としての暖かさは最低限確保しつつ、使い勝手という機能性の部分に力を入れた羽毛布団です。

 

寒がりな人でも春や秋の合い掛け羽毛布団として使うのもアリですし、気密性に優れたマンションに住んでいる人、空調設備を使って温度調整をしている人にはおすすめできる羽毛布団ですよ。

 

この洗える羽毛布団 ホワイトダック90% 1.2kgは洗える羽毛布団を探しているけど、できるだけ費用を抑えつつ多機能かつ高機能の羽毛布団が欲しい人におすすめです。

 

ホワイトグースダウン90% コインランドリーで洗える軽量羽毛布団

この記事で紹介する洗える羽毛布団の中で最高のコスパのものがこの「洗える羽毛布団 ホワイトグース93% DP400」です。

お値段は26,800円(2021年9月時点)です。

 

品質、機能、値段のバランスがいいのがこの羽毛布団です。

洗えるという機能を抜いて考えてもこの羽毛布団のコスパはいいですよ。

正直、この記事内で紹介する羽毛布団の中で1番おすすめです。

 

ですが、この羽毛布団は2,020年から出ている商品なので売り切れたら値段が変わるかもしれません。

2021年は羽毛の価格が高騰しているので、とても同じ値段で販売できるとは思いませんし・・・

もし買うなら早めの方がいいかもです。

 

それではこの羽毛布団の仕様をまとめます。

 

商品の仕様
  • 側生地:綿100% 60番手サテン
  • キルト:5×6マス立体キルト
  • 羽 毛:ホワイトグースダウン93% フェザー7% DP400
  • 充填量:1.2㎏
  • サイズ:150×210㎝(シングルロング)
  • 総重量:約2.25㎏
  • 生産国:日本製
  • 備 考:コインランドリー洗い対応、不織布バッグ付き

 

生地自体も先ほど違い綿100%に変更されており、肌触りが良くなっていますし、綿100%ならではの吸湿性や吸水性が高いので寝心地という面ではかなり改善されています。

ただ、機能性という面では先ほどの「洗える羽毛布団 ホワイトダック90% 1.2kg」の方がいいですからね。

 

とはいえ、綿100%の寝心地の良さは侮れません。

地味ですけど、結構変わるんですよね。

 

寝心地は結構変わるよ!

 

先ほど紹介した「洗える羽毛布団 ホワイトダック90% 1.2kg」も吸水速乾機能があるポリエステル混の生地ですが、それでもやっぱり綿の方が吸水性や吸湿性は綿の方が高いです。

 

寝ているときのムレ感が違うんですよね・・・

夜中にムレて寝苦しいという人も綿100%の羽毛布団に変えると寝心地が変わりますし。

 

この吸水速乾性があることによって洗うときも水を含むので、より洗いやすく乾きやすくなるのでお手入れが楽になるメリットがあります。

 

それに寝ているときにかく寝汗も吸収してくれるので、ムレ感が軽減されるのも大きなメリット。

コインランドリー洗いだけじゃなく、普段使いでもあると嬉しい機能ですよ。

 

ムレが軽減されるのも嬉しいポイント!

 

水分を含みやすくなっているので、普通のポリエステル85%綿15%の生地と比べても静電気も起こりにくくなっているのも特徴。

完全に静電気が起こらないというワケではないのですが、冬場の嫌な静電気が軽減されるのは嬉しいですよね。

 

冬場のパチパチが減るのは大歓迎!

 

先ほどの「洗える羽毛布団 ホワイトダック90% 1.2kg」でも静電気防止加工は施されていますが、綿100%の生地の場合はそんな加工が無くても元々静電気が起こる可能性が低いです。

 

先ほどの羽毛布団ではダックでしたが、この「洗える羽毛布団 ホワイトグース93% DP400」ではホワイトグース93%が使われています。

 

グースの93%なのでチクチクとしたフェザーの感触も少なく、ふくらみを表すDP(ダウンパワー)も400以上と十分におすすめできるレベル。

充填量も1.2㎏ということで問題ないですしね。

 

産地が書いていないので羽毛の産地は中国だと思いますが、個人的には産地は重要ではなくグースが仕様されていてダウンパワーも問題なくおすすめできる品質ですよ。

グースを使うことで羽毛の臭いの問題も軽減してくれていますし、少しでも臭いの発生確率を下げたいという人にもおすすめ。

 

この記事で紹介する羽毛布団の中でひとつ選ぶとしたらこの「洗える羽毛布団 ホワイトグース93% DP400」が間違いなくおすすめですよ。

 

 

コインランドリーで洗えるシルバーグース93%プレミアムな羽毛布団

品質も重視しつつコインランドリーで洗える羽毛布団が欲しいのであれば「洗える羽毛布団 シルバーグース93% DP440」がおすすめです。

お値段は32,800円(2021年9月時点)で金額は先ほどのものよりかなり高くなってしまいますが、品質も大きく上がっていて実はコスパは最高クラスだと思っています。

 

まずはこの羽毛布団の仕様についてまとめます。

商品の仕様
  • 側生地:ポリエステル85% 綿15%
  • キルト:4×5マス立体キルト
  • 羽 毛:シルバーグースダウン93% フェザー7% DP440
  • 充填量:1.1kg
  • サイズ:150×210㎝(シングルロング)
  • 総重量:約1.95kg
  • 生産国:日本製
  • 備 考:コインランドリー洗い対応、ダニシャット加工、抗菌防臭加工、静電気防止加工、吸水速乾加工、ダイヤモンド起毛加工、プレミアムゴールドラベル付き、不織布バッグ付き

この記事の1番最初に紹介した「洗える羽毛布団 ホワイトダック90% 1.2kg」と柄は違いますが、使われている生地は同じです。

 

先ほどの「洗える羽毛布団 ホワイトダック90% 1.2kg」では説明していませんでしたが、この生地には吸水速乾機能のある特別な糸で織られているので、従来のポリエステルの生地と比較した場合、ムレにくく快適に使うことができますよ。

 

寝る前も蒸れてなかなか寝付けないことが多い・・・

 

こんな人にもおすすめです!

 

他にもこの吸水速乾機能があることで、コインランドリーで洗った場合でも水を含んでくれるのでしっかりと洗えますし、乾かすときも綿などの生地と比較しても乾きが早いというメリットもあります。

 

さらにこの「洗える羽毛布団 シルバーグース93% DP440」では羽毛の品質もグレードアップしており、シルバーグース93%の440DP(ダウンパワー)を使用していることで暖かさと寝心地がアップしています。

 

グースを使うことでよくある羽毛の臭いのリスクが軽減していますし、440DPということでふくらみも十分です。

羽毛がふくらむと空気を多くふくらむので、暖かさが増しますよ。

羽毛の品質としては最高レベルで羽毛の品質を保証するプレミアムゴールドラベルも付属するので安心です。

 

このプレミアムゴールドラベルは羽毛の品質を保証するのはもちろんですが、他にも日本製の羽毛布団の保障にもなります。

最近では海外製の羽毛布団も増えてきていますが、やっぱり品質が良くなかったり臭いのトラブルがあったりします。

 

せっかく高いお金を出して羽毛布団を買うのなら安心して買いたいですよね?

そんな人は羽毛の品質を保証しつつ、日本製まで保証してくれるゴールドラベル付きの羽毛布団の購入をおすすめします。

 

せっかく買うのだから失敗したくない・・・

 

そんな人はゴールドラベル付きの羽毛布団なら安心です!

 

しかもこの「洗える羽毛布団 シルバーグース93% DP440」はプレミアムゴールドラベル付きの羽毛布団の中でもコスパは高めです。

個人的には羽毛の品質を考えつつ、機能性と値段を考えると2021年の羽毛布団の中では最高クラスのコスパじゃないかと思っているぐらいです。

 

この「洗える羽毛布団 シルバーグース93% DP440」は気軽に羽毛布団を洗いたいけど品質もしっかりと大事にしたいという人におすすめの羽毛布団です。

側生地の素材は綿にこだわりたいという人以外にはかなりおすすめできる内容になっていますよ。

 

ぱっと見は高く感じるかもしれませんが、シーズンごとにクリーニングに出すことを考えるとかなりコスパが良いおすすめできる1枚です。

 

洗える羽毛布団のおすすめのまとめ

まとめのイメージ

今まで羽毛布団は洗えないものがほとんどでした。

ここ最近では羽毛布団も洗いたいという要望が増えてきていたので、やっと開発されたという感じですね。

 

今までは洗う場合は自己責任でしたしね。

やっぱりメーカーのお墨付きがあると安心できます。

 

今後も洗える羽毛布団は増えてくると思いますよ。

他にも洗える羽毛布団が出てきたら追加していきますし、おすすめも変更していきますね。

 

もしかしたら近々僕もどれか買ってみてレビューするかもです。

純粋に興味ありますし。

その時は別記事で使用感を書きますね。

 

最後にこの記事で紹介した羽毛布団をもう一度まとめておきます。

 

できるだけ安く洗える羽毛布団が欲しいという人におすすめ。

 

側生地は綿100%にこだわりたいという人におすすめ。

 

自分で洗いたいけど、羽毛の品質にもこだわってお得な羽毛布団が欲しいという人におすすめ。

 

いやいや、羽毛布団は洗わないからもっとコスパの良い布団や品質の良い羽毛布団が欲しいという人は【2020年】羽毛布団のコスパ抜群おすすめ人気ランキング10選【寝具業界の人間が選んでみた】という記事で2020年のおすすめの羽毛布団についてランキング形式で解説しているので、参考にしてみてください。

 

羽毛布団
スポンサーリンク
しーさんをフォローする
スポンサーリンク
プロフィール
このブログを書いた人
しーさん

30代の寝具業界の営業マン。
睡眠環境・寝具指導士の資格あり。
寝具に疑問や不満を感じている人の手助けができればいいなと思いブログを立ち上げ情報を発信中。

しーさんをフォローする
サボログ

コメント