婚活を成功させるには収入を男性に依存する気持ちではいけない

女性は婚活をするときにどうしても年収というを重視しますよね。ただ、年収を重視しすぎると結婚できない可能性もあります。それは多くの女性の求める年収は高めです。年々希望の年収は下がってきていますが、そもそも男性の年収を重視するってことは、その女性は結婚後主婦になるか?

 

男性の収入に依存するということを考えているのではないでしょうか?ただ、現実的には共働き世帯が多く、50歳未満で年収500万円以上稼いでいる人は5%未満という結果になっています。つまり、現実的に結婚を望むのであれば、年収は300万円台くらいまで下げないといけないでしょう。300万円じゃ生活がきついという意見もあるでしょうが、それは共働き世帯が多くなっていることともリンクしています。

 

共働き世帯が増加しているということは、それだけ男性の収入が下がってきているということもあれば、それを受け入れて結婚している女性が多いということも意味しています。したがって、今後結婚を本気で望むのであれば、年収については、それだけ妥協をしないといけない部分もあります。そして、収入によっては贅沢な生活が出来ないか?共働きをすることになるか?どちらかを受け入れないと思います。

 

年収については、そもそも希望を持たないほうが良いかもしれません。共働き世帯が主流に今後なる可能性もあるので、男性に収入を依存する気ではなく、自分がむしろ家庭を引っ張っていくくらいの気持ちがないとダメではないでしょうか?

男女間における婚活の捉え方の違い

当然ですが、婚活は結婚するための行為です。
昔でいうところの、お見合いのような物です。
ですから、多くの女性は、婚活パーティーの場で出会った男性に対して、年収や勤務先などを尋ねたりします。
結婚を目的としているわけですから、その質問はある意味当然ともいえます。
しかし、多くの男性はそのような質問を嫌がります。
なぜなら、男性は婚活を「合コン」と同じような物と捉えていることが多々あるからです。
なぜかというと、最大の理由は「結婚したいと思っている男性が減った」ということが挙げられます。
まず、近年は収入の低い男性が増えていますが、そういう男性は結婚自体を諦めがちです。
女性からのニーズも少ないので、そもそも結婚できる確率が低いからです。
では、それなりに収入のある男性はどうかというと、こちらも積極的に結婚したいと思っている人はあまり多くありません。
昔ならば、周囲からの圧力もあって、ある程度の年齢になったら結婚するのが当たり前でしたが、昨今はそういう風潮が薄れているので、焦って結婚する必要がなくなりました。
ですから、婚活パーティーなどには行くものの、あくまで合コンと同じような感覚で参加しているので、 年収や勤務先を尋ねられると「失礼だ」と感じてしまうというわけです。
このように、男女で婚活の捉え方(結婚目的か恋愛目的か)にはかなりの差があります。
婚活をする際は、このことを頭に入れたうえで行うようにしましょう。

結婚相談所を利用してみて思うこと

30代後半に意を決して結婚相談所を利用することにしました。それまで母親や親せきからお見合いを勧められていて何回かしましたが、うまくいきませんでした。1回会っただけですべて断られていました。

105

そこで当時雑誌で紹介されていた結婚相談所を利用しようと思い、申込みしました。一度相談所を訪れただけで済んだので助かりました。当時は誰にも知られずに行動していたので大変でしたが毎月来るアルバム状で紹介されている人の中から相性のよさそうな人を選んで送り返すシステムだったので気は楽でした。
すぐに紹介されてもらった人と会うことができたので、入会して正解だったと思いました。会う場所や日時は調整してもらえるので都合のよい日を選ぶことができました。私は初めてでしたが、彼女は何回も見合いをしている感じでした。会話もそこそこ弾んだのでいけるのかなと思っていましたが断られました。1日ぐらいで返事がきますが、その間はどうなるのかそわわしていました。
その後も3人ほど紹介してもらいましたが、同じような結果で終わっています。そのうちに紹介してくれる人はいるのですが、相手に選んでもらえない期間が3ケ月ほど経過していました。相手の条件を年上にしたり、結婚歴あり、子持ちの人まで広げましたが、なぜかマッチングしません。
そろそろ1年たつ時期が来ていたので、そろそろやめようかと思っていたときになぜか今の妻に出会うことができました。あとで聞いて見ると、入会して初めて紹介されたのが私でした。
今言えるのは行動していれば何かが起きるということです。あきらめなくてよかったと思っています。

私の婚活体験談

私が婚活を始めたのは、27歳の夏のことでした。それまで彼氏はできても長続きせず、結婚の話が出ても具体的な話にならないまま関係が終わってしまうことばかり。まわりの友人も結婚しだし、焦ってきた私はインターネットの婚活サイトに登録してみることにしました。
お見合い相談所に見学に行ったこともありましたが、比較的安価で手軽に利用できるサイトをよく利用していました。
それから丸一年婚活を続けました。

婚活をしている人ならわかるかと思いますが、やってみるとなかなかしんどいものです。
サイトに登録すれば女性には多くメッセージが届きますが、「自分に合いそう」と思えるのはその一握り。
多くの婚活サイトには、自分の気になる人にアプローチしたり「お気に入り」に登録する機能があるのですが、そこでお互いに「この人とメッセージを交換してみてもいいな」と思えればメッセージ交換につながります。ほとんどの婚活サイトでお互いのメールアドレスを知らせずサイト上でメッセージ交換ができるので、サイト上でやりとりしている限りは安心して婚活ができました。
いざ実際にやりとりを始めてみると、まったく知らない人とネット越しに会話をするのはなかなか大変です。忙しい中で返事が滞ったりすると、「他にやりとりをしている人がいるのかな」と相手に不安を与えてしまいます(実際は複数の男性と平行してやりとりをすることもあるのですが・・・)。また会話が盛り上がらずなんとなく自然消滅してしまうことも。

運良く何通かメッセージを続けて「会ってもいい」と感じれば、実際に会うことになります。
しかし苦労して会ってみたものの、あまりお互いぴんと来ない、ということがほとんど・・・
先述のとおり、婚活している以上たくさんの人の条件を比べて判断しているうちに、なかなか恋しづらい状態になってしまうのでしょうね。
お互いぴんと来なくてもうそれっきりということもありましたし、気に入っていただけてもこちらが気乗りせず、反対にこちらが気に入ってもあちらが・・・という繰り返し。
a1180_014649
そうこうして一年経つうちに、もう婚活のミスマッチに疲れ果ててしまいました。
「もう親の勧める見合いに行って、相当変な人じゃなければ結婚してしまおう」なんて投げやりになっているうちに、出会ったのが今の旦那でした。彼も婚活サイトを通して出会ったのですが、なんと今まで付き合った中でダントツでいい男。性格も顔も稼ぎもいいし頭もいい、頼りになる素敵な人です。婚活を始めてちょうど1年目の夏に付き合い始め、それから何ヶ月かして婚約指輪をいただき、結婚しました。これから式を挙げる予定ですが、一緒に暮らし始めて幸せいっぱいです。
つらい婚活を続けていたおかげで、男性を見る目も養われ、頑張った1年がやっと報われました!

婚活サイトランキングの詳細